吉田羊、アニメ声優初挑戦! 『心が叫びたがってるんだ。』で母親役に

映画

『心が叫びたがってるんだ。』でアニメ声優に初挑戦した吉田羊 - (C) KOKOSAKE PROJECT
  • 『心が叫びたがってるんだ。』でアニメ声優に初挑戦した吉田羊 - (C) KOKOSAKE PROJECT
  • 水瀬いのり、吉田羊 - (C) KOKOSAKE PROJECT
  • 水瀬いのり、吉田羊 - (C) KOKOSAKE PROJECT
観客動員数77万人、興行収入10億円を突破し、興行収入ランキング7週連続トップ10入りという快挙を果たした『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。同作のスタッフが贈る、劇場版オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。』で、女優の吉田羊がアニメ声優に初挑戦していることが明らかとなった。

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来、トラウマを抱え、心を閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定する――。

大ヒットを記録した『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で名実ともにヒットメーカーとなった監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・田中将賀の3人が再集結した本作。吉田さんが演じるのは、本作の主人公・順の母親の成瀬泉役。子ども時代にうっかり話してしまった<ある事>がきっかけで家族がバラバラになってしまい、以来しゃべることができなくなってしまった順をもどかしく思い、心の底では心配しながらも、ついつらく当たってしまう、という複雑な思いをもった役どころだ。

映画『ビリギャル』でも主人公の母親役を演じた吉田さんだが、今回は実写ではなくアニメーション作品。吉田さんの起用理由について、長井監督は「『ここさけ』は心の奥底に秘めた想いを伝えたいと思っている人々の物語で、“言葉”というものが重要なキーワードになっています。かねてより吉田さんのお芝居を拝見していて、非常に言葉を大切にされている方だなと感じておりました。吉田さんが、泉という役をどんな風に演じるのか見てみたいと思い、今回オファーさせていただきました」と語っている。

アフレコ初挑戦となった吉田さんは「すごく難しかったです!」と明かすも、「声だけで感情を表現するという作業が、見てると簡単そうに見えても、やってみるとすごくそれが難しくって私にとってはすごくいい経験となりました」と収録をふり返った。

「あの日言えなかった言葉、言い残したことは大なり小なりみなさんの心にあるんじゃないでしょうか。言葉は伝えてこそ、伝えなければそれは思ってないのと同じ事。映画をみて少しでも心を開いていただいて、言葉を伝える勇気を持ってくれたら嬉しいなと思います」と期待を込めて語った吉田さん。吉田さんは“声”で泉という役どころをどう演じるのか? 注目が集まりそうだ。

『心が叫びたがってるんだ。』は9月19日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top