サスケと結婚し幸せ全開サクラ役中村千絵に原作者・岸本斉史「まだわかんない」と警告!

最新ニュース

『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 中村千絵/『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 竹内順子/『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 三瓶由布子/『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 菊池こころ/『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 岸本斉史/『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
  • 『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』カウントダウン舞台挨拶
ナルトの息子のボルトを主人公にした『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』公開を記念し、8月6日(木)の深夜から7日にかけてカウントダウン舞台挨拶が開催。声優の三瓶由布子、竹内順子、菊池こころ、中村千絵、小野賢章、森久保祥太郎、原作・製作総指揮の岸本斉史が登壇した。

本作は原作者の岸本さんが製作総指揮を務め、脚本、キャラクターデザインなども全て自ら行った。ようやく公開を迎え「結構、ヒマになった岸本です」と語り笑いを誘っていたが、制作過程はかなり過酷だったようで「監督は3回救急車で運ばれた」と明かし「絶対に漫画以上のものを作りたいと必死に力いっぱいやりました。自分で作っといてなんですが、いろんなスタッフの思いがあって、この映画は100点だと思います」と自信を持って送り出した。

それぞれの親子関係、そしてカップルが大きな見どころと言える本作だが、この日の舞台挨拶で誰よりも歓声を浴びていたのは、ついにサスケと結ばれ、サラダという娘まで授かったサクラ役の中村さん。「うちは…うちはサクラ役の中村です」と挨拶すると祝福の歓声が飛び、その後も「サラダがかわいくて…。アフレコも長くこの作品をやらせてもらっているのに新鮮で親になった気持ちでした」と幸せオーラ全開! これに対し岸本さんは「さっきから浮かれてらっしゃいますが、サスケとサクラがどうなるか…まだわかりませんよ?」とニヤリ。原作者としてさらなる波乱にサクラを巻き込む気満々のよう…? 「さっきから幸せそうなのを見ていて、そういうのを思いついちゃいました」と語り、会場は笑いに包まれた。

サクラだけでなく、ナルト役の竹内さん、シカマル役の森久保さんも世代が進み、自分たちが“親”になったことに感慨深げ。森久保さんが「ずっと里の同級生としてやってきたみんなが親になるとこんな感じなのかって、見ていてこそばゆかったですね。恥ずかしいというか…」と語り、今後の展開として息子のシカダイと「親子ゲンカをしてみたい」と語ったが、本作で息子のボルトとなかなかうまくいかずに苦しんだナルト役の竹内さんは「親子ゲンカはつらいよ…」としみじみ。さらに「数年後、(ボルトの妹の)ヒマワリと確執があるかと思うと切なくなる(苦笑)」と語っていた。

また登壇陣からは岸本さんに対し「ロック・リーの奥さんは出てこないの?」「やっぱり奥さんも忍なの?」など隠れた設定に質問が飛んだ。岸本さんは当初「いろいろ事情があって出てこない」と答えたが「正直に言うとか考えてなかった(苦笑)。意味深なこと言いましたが、当分、描くこともないので」と明かし、会場は再び笑いに包まれていた。

『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by
page top