「SSFF&ASIA 大阪 2015」開催! 本年度より全上映プログラム無料に

最新ニュース

2013年より開催されている「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 大阪 2015」が今年も開催!
  • 2013年より開催されている「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 大阪 2015」が今年も開催!
  • 2007年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し
  • 俳優・別所哲也。1999年に「ショートフィルム」を日本に紹介するために「SSFF & ASIA」を立ち上げた。
9月19日(土)~23日(水・祝)までの計5日間にわたり、今年で3回目となる米国アカデミー賞公認国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 大阪 2015(SSFF&ASIA 大阪 2015)」が、グランフロント大阪北館4Fナレッジキャピタル「ナレッジシアター」で開催される。

今回は、「Cinematic Moment ~映画になる瞬間~」をテーマに、100を超える国と地域から集められた作品の中から、「SSFF&ASIA 2015」(6月4日~6月14日東京・横浜開催)オフィシャルコンペティションの受賞作品や、第87回米国アカデミー賞短編実写部門受賞作品を全プログラム無料で鑑賞することができる(要事前予約)。ナレッジキャピタルで開催される本映画祭では、初となるキッズ向けショートフィルム、チルドレンプログラムなどを展開される予定だ。

注目は、アカデミー賞主演男優賞を受賞のエディ・レッドメインほか、英国を代表する総勢44名の俳優たちが集結した「イギリス特集」の作品。また日本初公開となる台湾青春・未来映画祭(未来電影日)の作品、海外各国のセレクト作品など計80作品の上映が予定されている。

映画祭初日となる9月19日(土)には、スペシャルトークプログラムを開催。SSFF&ASIA 代表の別所哲也氏と上映作品のひとつでもある『ブーケなんていらない!』に出演した女優の足立梨花が登壇する。

そのほか、映画鑑賞以外にも、さまざまなアーティスト、文化人、クリエイターを招いてのアフタートークの出演者に、「キュピキュピ」主催の石橋義正氏や現“在”美術家の宇川直宏氏、クリエ一ティブディレクターの原野守弘氏などが決定しており、上映後も多彩なトークイベントを楽しめる。

「SSFF&ASIA 大阪 2015」独自企画として、“食”と“ショートフィルム”を掛け合わせた新しい鑑賞スタイル「EAT FILM」を提案する。各日第一プログラムでは来場者先着300名に日替わり朝食を無料でプレゼントするほか、最終日(9月23日)の午後のプログラムでは「ワールド・ワインバー by ピーロート」のワインを飲みながら、映画観賞を楽しめる。(ワインプレゼントは成人のみ:先着300名)

さらに「SSFF&ASIA 2015」で話題賞を受賞した、「泣けるパラパラ漫画」と言われ国内外で注目を集める鉄拳の作品展「鉄拳のパラパラマンガの世界展」も同時開催されるので、ぜひ合わせてチェックを。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top