玉木宏、ラブシーンに戸惑い…『ジュラシック・ワールド』公開5日で100万人突破

最新ニュース

玉木宏/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 玉木宏/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 松岡茉優、玉木宏/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 松岡茉優/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 玉木宏/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 玉木宏/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 松岡茉優/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 松岡茉優、玉木宏/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 松岡茉優/『ジュラシック・ワールド』大ヒット御礼舞台挨拶
米映画『ジュラシック・ワールド』の大ヒット御礼舞台挨拶が8月11日(火)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、日本語吹替え版で主人公・オーウェンを演じる玉木宏、恐竜に襲われる兄弟の弟・グレイ役の松岡茉優が、涼しげな浴衣姿で登場した。

悲劇から20数年を経て、いまや1日に2万人の観光客が訪れるまでになった「ジュラシック・ワールド」が、遺伝子操作によって誕生した新種の肉食恐竜の脱走を機に、再びパニックに陥る。

玉木さんは「突然、ラブシーンが始まり、戸惑った。どういうテンションで演じたらいいのか…。洋画ならではですね」とパーク内の群衆が恐竜に襲われる中、主人公とパーク責任者がキスするシーンに困惑しきり。松岡さんも「あれには驚きました」と大きくうなずき、「私は声変わりを迎えた男の子の役だったので、お風呂で声の“裏返り”を練習しました」と明かした。

また、劇中に登場する“ハイブリッド恐竜”にちなんで、ふたりもオリジナルの恐竜をフリップに描いて披露。「番犬ならぬ番恐竜です」(玉木さん)、「大好きなモササウルスに、羽根をつけてみました」(松岡さん)と想像の翼を広げていた。

歴代オープニング全世界興行収入記録の第1位を樹立する歴史的ヒットスタートを皮切りに、各国で社会現象を巻き起こしている本作。日本では8月5日(水)に全国で封切られ、公開わずか5日間で劇場動員数が100万人(107万3,326人)を突破する快挙を達成。これで、公開された69の全ての国で「オープニング興収第1位」という偉業を成し遂げた。

関係者によると、本作は大半が3D方式で上映されているほか、大画面のIMAX、アトラクション感覚で臨場感を味わえるMX4D、4DXでの“体感型”上映が高い集客力に繋がったといい、シリーズ第1作『ジュラシック・パーク』を知る30~40代の大人層に加えて、親子連れや学生グループ、若いカップルなど若者層の取り込みに成功。結果的に、SNSでの口コミがヒットを後押ししている。

『ジュラシック・ワールド』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top