“カナシミ”ファン続出!『インサイド・ヘッド』動員200万人突破

映画

『インサイド・ヘッド』 -(C)  2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C)  2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • カナシミ/『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C)  2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ヨロコビ/『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』 -(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『トイ・ストーリー』以来、その斬新かつ感動的な物語で世界中の老若男女を魅了し続けてきたピクサー・スタジオの最新作『インサイド・ヘッド』。7月18日に公開を迎えた本作だが、21日目で動員200万人を突破。24日目の興行収入は26.5億円越えしていることが分かった。

11才の少女ライリーの幸せを守る、頭の中の“5つの感情たち”──ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。突然の引っ越しでライリーの心は不安定になり、頭の中のヨロコビとカナシミが行方不明になってしまう。心を閉ざしたライリーを、感情たちは救えるのか…?

本作は、『モンスターズ・インク』『カールじいさんと空飛ぶ家』を手掛けるピート・ドクター監督が、愛娘の成長による変化にインスピレーションされて生み出した渾身の一作。

夏休み真っ最中ということもあり、劇場では小・中学生の友達グループ、部活やクラブのチーム全員など、グループでの鑑賞が多く観られているという。公開してから4週目となるいまでも盛り上がりを見せている本作。その大きな理由として観終えた人たちのSNSコメントや周辺へのクチコミがポイントとなっているようで、「ピクサー、本気の一本が観られた! こういう感動を待っていた!」「絶対観るべき映画!」「今年ナンバー1映画になった!」といった絶賛コメントが寄せられている。

公開直後から可愛いと話題になっているカナシミについても、「カナシミがいるからこそ自分がいる…」「カナシミを話せる親友と観られて幸せ! 親友のカナシミに共感できるのはもっと幸せ!」など、本作を通して伝えたかったメッセージでもある“カナシミの重要性”に共感した人も続出している。

『トイ・ストーリー』のウッディとバズ、『モンスターズ・インク』のサリーとマイクをはじめ、名コンビを贈り出してきたピクサーの初の女性バディとなる“ヨロコビとカナシミ”。カナシミの秘密が解けたとき、なぜヨロコビとカナシミがバディなのかが分かるはず。

『インサイド・ヘッド』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top