テッド大量生産!? モフモフ度MAXの場面写真一挙公開

映画

『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
R指定作品なのにも関わらず、前作の地上波放送も決定した『テッド』。その続編となる『テッド2』から、中年テディベア・テッドの様々な表情が楽しめるモフモフ度MAXな場面写真がひと足先にシネマカフェに到着した。

見た目は愛くるしいテディベア、でも中身は下品な中年オヤジ…。斬新なストーリーで全世界を爆笑させ、歴史的なメガヒットを記録してしまった奇跡の映画。日本でも40億円を超える大ヒットで一大ブームを巻き起こすに違いない第2作目は、テッドのサンダー・バディ(雷兄弟)役として続投するマーク・ウォールバーグをはじめ、アマンダ・セイフライドやモーガン・フリーマンといったハリウッドを代表する名優たちが新キャストが続々登場する。

解禁された場面写真の数々は、珍しく真剣な表情を見せつつもどこか笑えるシーンや、まさかの挙式シーン。テッド自身ぬいぐるみに紛れふざけていたりなど、テッドらしい行動は最新作でも健在している。

前作のテーマは「もしテディベアが生きていたらどんなに素晴らしいか」。しかし本作について「時間が経てば人々はそれをある種の基準として受け入れてしまう」と、監督のセス・マクファーレンは語る。「人間は物事に順応するのが早いから、前作でテッドに命が宿ったとき、観客はすぐに『テディベアが生きているのは分かった。はい、次』という反応を示したんじゃないかな」。

テッドに強い愛着があるマクファーレンは、第2作目を製作するのにあたり、個性の強いテッドとジョンなら前作と全く違うストーリーでもうまくいくと確信。2人の友情といった前作でファンを魅了した部分は継続しつつ、テッドとジョンの破天荒さをパワーアップさせている。

動いて喋るだけでは終わらない! 世界一ダメなテディベアは、今度は一体何をやらかすのか…前作よりパワーアップしたテッド節に期待したい。

『テッド2』は8月28日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top