『テッド2』“大人になるまで待てない!”PG12版、緊急公開へ

映画

『テッド2』“大人になるまで待てない!”バージョン(PG12版)上映へ -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』“大人になるまで待てない!”バージョン(PG12版)上映へ -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
  • 『テッド2』 -(C) Universal Pictures and Media Rights Capital
公開から初日3日間で40万人以上を動員し、ランキング初登場堂々の1位、前作対比141%の大ヒットスタートを切った『テッド2』。この大ヒットに応える形で、まさかの地上波初放送を果たした前作『テッド』同様、再編集されたPG12版“大人になるまで待てない!”バージョンが一部劇場で緊急上映されることが決定した。

モフモフのキュートな見た目とは裏腹に、口を開けば下品で辛辣、中身は中年オヤジのテディベアが、“人権”を巡って法廷にまで登場する本作。前作からのファン層である若い女性を中心に、男子高校生やカップルなど、R指定映画としてはあり得ないほど幅広い客層が劇場に詰めかけ、まさに前作以上の盛り上がりを見せている。

すでに映画を観たファンからは、「1より下品だけど最高!!」、「一緒にモフモフしたい!」、「くやしいけどテッドで感動してしまった」、「いっぱい笑って最後にホロリと来た」などの絶賛コメントが次々にSNSにアップされているが、意外にも多いのが「家族で観たい!」「15歳未満だけど『テッド2』観たい!」というコメント。

先日の前作『テッド“大人になるまで待てない!”バージョン(PG12版)』の地上波放送時には、Twitterのトレンド入りを果たし、さらにYahoo!検索ランキングで1位を奪取するなど、すっかり“お茶の間のスター”となったテッド。こうした要望を受けるかたちで、『テッド2』でもR15+指定のセリフの表現をマイルドに変更し、一部シーンを再編集したPG12版の劇場上映が急遽決定した。テッドの日本語吹き替えを務めるのは、もちろん有吉弘行。上映劇場は公式サイトにて発表される。

ちょっとだけ“真面目なオッサン”になったテッドを、ファミリーでも楽しんでみて!

『テッド2』“大人になるまで待てない!”バージョン(PG12版)は9月12日(土)より一部劇場にて公開(2D日本語吹替版のみ)。

『テッド2』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top