【予告編】新旧デザイナーが王室の“美”をかけて対決!『尚衣院』

韓流・華流

『尚衣院 -サンイウォン-』 -(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.
  • 『尚衣院 -サンイウォン-』 -(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.
  • 『尚衣院 -サンイウォン-』ポスタービジュアル -(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.
  • 『尚衣院 -サンイウォン-』 -(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.
  • 『尚衣院 -サンイウォン-』 -(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.
  • 『尚衣院 -サンイウォン-』 -(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.
朝鮮王室の衣装を手がける秘密の空間・尚衣院(サンイウォン)を舞台に、韓国のカリスマ俳優ハン・ソッキュや国民的女優に成長したパク・シネら豪華キャスト共演で贈る宮廷歴史大作『尚衣院 -サンイウォンー』。このほど、映画では初めて描かれる朝鮮王室の絢爛衣装を支えた尚衣院の様子と、伝統職人と庶民出の天才という対照的な新旧デザイナーの対決が詰まった予告編映像が、シネマカフェにて解禁となった。

王室の衣服を作る部署、尚衣院を取り仕切るドルソク(ハン・ソッキュ)はその功績が認められ、6か月後には両班(当時の官僚)となることが約束されていた。ある日、若き王 (ユ・ヨンソク) の衣服を誤って燃やしてしまった王妃 (パク・シネ)は、巷で天才仕立師として話題を集めていたゴンジン(コ・ス)の存在を知り、王宮入りを命じる。生まれながらの美的センスと才能を発揮させるゴンジンは、たちまち王宮で活躍するように。だが、ドルソクは、ゴンジンが生み出す革命的デザインが王宮内外で評判となることに、次第に危機感を抱くようになり…。

本作は、朝鮮王朝において王室の衣服を一手に任されていた尚衣院を舞台に、エリート伝統職人と、庶民出身の天才肌という新旧デザイナーの美をかけた対決を中心に、王や王妃の運命が絡み合い、やがて歴史を揺るがす事件へと繋がっていく過程を描いた宮廷時代劇。

このたび、公開された予告編では、いままでベールに閉ざされていた“宮殿の宝箱”と呼ばれる尚衣院の衣装制作の様子を垣間見ることができる。伝統と規則を重んずるハン・ソッキュ演じるドルソク率いる尚衣院に、コ・ス演じる庶民出身の天才デザイナー・ゴンジンが登場することで、2人の美の対決の舞台へと変わっていく。


さらに、はかなげな美しさを放つ、パク・シネ演じる寂しさを抱える王妃と彼らの関係、ユ・ヨンソク演じる愛に飢えた王、そして王室の運命をも巻き込んだ、複雑に絡み合う壮大なストーリーを予感させ、徹底した時代考証のもとに約1億円を投入して制作されたという煌びやかな衣装の数々が、映像を彩っている。

俳優陣全員が惚れ込んだという完成度の高い脚本が見事に融合され、美への追求や愛、嫉妬、欲望など、誰もが共感する普遍的なテーマを盛り込んだ本作。まずは、初めて明かされる尚衣院の様子を、こちらから覗いてみて。

『尚衣院 -サンイウォン-』は11月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top