「イタズラなKiss」初の実写映画化!漫画では未発表のエピソードも

映画

美沙玲奈&佐藤寛太(劇団EXILE)/(C)2016「イタズラな Kiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」
  • 美沙玲奈&佐藤寛太(劇団EXILE)/(C)2016「イタズラな Kiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」
  • 「イタズラなKiss」原画-(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ
1990年代に別冊マーガレットで長期連載され、日本、台湾、韓国とドラマ化されてきた人気コミック「イタズラなKiss」。“イタキス”と呼ばれいまでも多くのファンを持つ本作がこの度、初めて映画化されることが決定。「劇団EXILE」の佐藤寛太と美沙玲奈が本作で映画初主演を務めることが明らかになった。

1999年3月号まで連載中であった作者・多田かおるの急逝によって未完の作品となってしまった「イタズラなKiss」。映画化に挑むのは2008年に未完部分のアニメ化を企画し、長年のファンの夢であった「イタキスの続き」を映像化した溝口稔監督。多田氏の夫で音楽プロデューサーの西川茂と親交を深め、作品に登場するバンドやアシスタントたちとも交流を持ち、多田氏の作品ネタとなるエピソードを間近で見聞きしてた溝口監督。そのこともあり「イタズラなKiss」関連作品の全てに企画プロデューサーや脚本監修、ならびに脚本家として参加してきた。

斗南高校3年A組でIQ200、全国模試1位、さらにスポーツ万能で超イケメンの入江直樹を演じるのは、青柳翔や鈴木伸之らと共に「劇団EXILE」で活躍する佐藤寛太。成績順のクラス分けでは万年“落ちこぼれ”3年F組の相原琴子には、溝口監督より大抜擢を受けた美沙玲奈。ドジで、勉強もイマイチだが、友達思いで、いつも明るく根性だけは誰にも負けないヒロインを好演する。

そのほか本作の共演者には、相原琴子の父親役に陣内孝則、入江直樹の父親役に石塚英彦、母親役に石田ひかりを始め、大倉士門、山口乃々華(E-Girls)らいま注目の若手俳優が登場する。

以下、キャスト&スタッフ コメント

■佐藤寛太(入江直樹役)
主演と聞いたとき、最初はあまり実感がなかったのですが、徐々にイタキスの世界を知っていくうちに、作者である多田かおる先生の想いが詰まっている原作が大好きになり、入江直樹という役を自分が演じることが出来るという実感と共に、自分だったらどう演じられるだろうと、いつの間にか挑戦心がわいてきました。初めての映画出演で、初の主演を演じさせて頂けるということでプレッシャーはありますが、いまの自分に出来る限り全身全霊で入江直樹を演じさせて頂きます。

映画ならではの世界観で、また新たな「イタズラなKiss」をみなさんにお届けできるよう、そして末永く愛していただける作品を完成させることができるように頑張ります!

■美沙玲奈(相原琴子役)
正直びっくりしました。この作品には、本当にたくさんのファンの方々がおり、まだまだ新人である私なんかが抜擢されて本当に幸せです! 意気込みは、「イタズラなKiss」は、昔からある人気の漫画で日本でも海外でも実写化されているので、映画版の新しい琴子を楽しんで頂けるように頑張ります! 役作りとしては、まずはテンションですね。琴子の明るく元気な性格を出すためにボイトレから始めて、アニメやドラマ、漫画を読んで雰囲気を掴みつつ、日頃からテンション高めに過ごすようにしました。そして髪型は、原作の琴子に近づけるために前髪を作りました。服も琴子が着てそうなものを毎日着ていました! 原作に忠実にしっかり琴子の気持ちを理解して、精一杯、琴子を演じようと思います。素敵なキャストの方々とスタッフさんに囲まれてドキドキしていますが、精一杯、琴子になります! よろしくお願いします!!

■溝口稔監督
「イタキス」の魅力と言えば、ドジだけどポジティブで何事も諦めないヒロインの琴子と、勉強、スポーツなんでもできる天才なのに、感情を表現することだけは苦手で、自ずと琴子に対して「ツンデレ」になってしまう直樹のキャラクターにあります。この二人の物語は日本のみならずアジアを始めとした世界各国で大ヒット! 改めて“イタキス”という永遠の乙女のバイブルが世界中で愛され続けているのを感じます。今回、この大ヒット作品を新しいキャストで映画化するにあたり、多田かおる先生が漫画では発表しなかったエピソードを含めて脚本家しました。ドラマとはひと味ふた味も違う、映画ならではの表現で、琴子と直樹の、ホットなラブストーリーをお届けします。

『イタズラなKiss』は2016年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top