タランティーノも絶賛! セックスレス夫婦のてん末は!?『午後3時の女たち』

映画

『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
クエンティン・タランティーノが『ブルージャスミン』『フランシス・ハ』と並べて“2013年ベスト映画10”に選出した映画『午後3時の女たち』が、ついに日本公開決定。サンダンス映画祭「監督賞」受賞など、すでに各方面で高い評価を受けている本作から、アラフォー女性の内面を赤裸々に描いた日本版予告編が解禁となった。

一見とても幸せそうな生活を送る主婦レイチェル(キャスリン・ハーン)。セックスレスを相談する心理カウンセラー(ジェーン・リンチ)に、「不満はないの」と語るものの、彼女が感じているのは、日常の中で女性としての魅力を失っていく漠然とした焦燥感。ある日、レイチェルは友人たちと遊びで訪れたストリップクラブで、少女のようなルックスで強烈な性的魅力を放つストリッパー、マッケナ(ジュノー・テンプル)に出会う。

レイチェルは住むところを失い、困っている彼女を、家族も住む家に住まわせることに。しかし、彼女はただのストリッパーではなく、体も売る娼婦だった。少女のようなルックスを持ちながら、卓越した百戦錬磨のエロティックな技術を持つ彼女を通して、これまでの人生で知ることのなかった世界を垣間見るうち、レイチェルの日々と生き方が変化していく――。

本作は、主人公の主婦が刺激を求めて行ったクラブでストリッパーの少女と出会い、彼女を通してそれまで知ることのなかった体験をしていく様子を、日常のユーモアを交えながらリアルな感覚で描かれる人間ドラマ。

監督は、Women In Film2015において、『グローリー/明日への行進』のエヴァ・デュヴァネイ監督や女優のニコール・キッドマンと共に「クリスタル・ルーシー賞」を受賞し、注目を集めたジル・ソロウェイ。

セックスレスに悩む主婦レイチェルを演じるのは、『なんちゃって家族』でコメディエンヌの要素を発揮したキャスリン・ハーン。10月公開のM.ナイト・シャマラン監督の新作『ヴィジット』では愛情深い母親を、12月公開のピーター・ボグダノヴィッチ監督の新作『マイ・ファニー・レディ』ではベテランの舞台女優を余裕たっぷりに演じているが、本作でも見事なコメディの才能を魅せている。


また、少女と女性の間の危うい魅力を持つストリッパーを演じるのは、期待の若手女優ジュノー・テンプル。『マレフィセント』で演じた妖精や『ホーンズ 容疑者と告白の角』で演じたダニエル・ラドクリフの恋人役とは全く違う、キュートかつセクシャルな役柄を堂々と演じ切っているのも注目だ。

『午後3時の女たち』は11月7日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top