「ワン・ダイレクション」、3月に活動休止へ

最新ニュース

ワン・ダイレクション -(C) Getty Images
  • ワン・ダイレクション -(C) Getty Images
  • ワン・ダイレクション -(C) Getty Images
  • ワン・ダイレクション -(C) Getty Images
「ワン・ダイレクション」が来年3月から活動を休止するようだ。

ゼイン・マリク脱退後、ナイル・ホーラン、リアム・ペイン、ハリー・スタイルズ、ルイ・トムリンソンの4人で活動を続けている「1D」は、それぞれのソロ活動に専念するために少なくとも1年間は活動休止する決断をした。

それにより、5作目となるアルバムに伴うツアーは敢行されないことになり、10月に予定されているイギリスのシェフィールドでのパフォーマンスが休止前最後のフルコンサートとなる。

ある関係者は「『1D』は5年もずっと一緒にいます。ボーイズバンドとしては素晴らしい活動ぶりです」「ですから、それぞれのプロジェクトに専念するために少なくとも1年は時間を割いてもよいだけの権利があると言っていいでしょう。彼らの中に全くわだかまりはありませんし、全員が100パーセントこの決断に納得しています」「解散ではなく、将来またいつか一緒に活動するつもりですよ」「ですが、いまはひとまず休止して、世界で最も人気のあるアーティストでいるうちに表舞台から去ります」と話す。

最新アルバムをクリスマス時期にリリースする予定である「1D」は、レコード事務所サイコと結んでいる残りのプロモーションの仕事を2月までこなすことになる。前述の関係者は「サイモン・コーウェルとサイコでの彼のチームは、このアルバムをとても楽しみにしています」「彼らは少なくともかなりのヒットを飛ばせる曲が3曲はあると見込んでいるようですから、アルバムの成功を促すために、『1D』は年を越しても数週間は一緒に活動するようにしているみたいです」「ですが、最近のミーティングでこのアルバムに伴うツアーはしないことで合意したようです」「ハリー、リアム、ルイ、ナイルは5年ぶりに事務所から離れるわけですからこれは大きな決断ですよ」と続ける。

さらに、その関係者は「The Sun」紙に今回の活動休止の決断とゼインの脱退との関係性にも触れ、「ゼインがいるいないに関わらず今回の計画はありました。実は、『1D』は素晴らしい音楽を作り続けていますし、ゼインなしでも本当に大丈夫のようです」「もちろん、ゼインが残っていてくれていたほうが嬉しいと思っていますが、彼がもしまだメンバーだったとしてもこの休止期間は取るつもりでした」とコメントする。

また「1D」はそれぞれの活動のために今後交渉に入るようで、ハリーはソロ曲でソニーと契約する可能性が濃厚だとその関係者は分析する。「メンバー全員の前には沢山の選択が広がっています。ここ5年間、常に『1D』のことを優先してきたのですから、いまはワクワクするときでしょうね」「ソニーは確実にハリーとソロ曲で契約したいと考えているでしょう。彼は長い間この機会のために名声を築き上げてきていますし、ハリウッドもハリーに興味を抱いているようです」「ですが、みんなそれぞれの能力で成功するでしょう。最高の人との繋がりもあり、多くのファンもいますからね」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top