波瑠主演・橋本紡原作作品、応援プロジェクト始動『流れ星が消えないうちに』

映画

波瑠『流れ星が消えないうちに』
  • 波瑠『流れ星が消えないうちに』
  • 入江甚儀『流れ星が消えないうちに』
  • 『流れ星が消えないうちに』場面写真
  • 『流れ星が消えないうちに』場面写真
  • 『流れ星が消えないうちに』
新潮社が毎年選ぶ「新潮文庫の100冊」の1冊に選出され、発行部数30万部を超える橋本紡原作のロングセラーを、次期NHK朝ドラのヒロインを射止めた注目の女優・波瑠を主演に迎えて映画化する『流れ星が消えないうちに』。本作を国内外へ届けるべく、サイバーエージェント・クラウドファンディングの運営する「Makuake」にて“『流れ星が消えないうちに』応援プロジェクト”が始動した。

主人公の本山奈緒子(波瑠)は、大人になる時間を一緒に過ごしたかつての恋人・加地径一郎(葉山奨之)を事故で失っていた。しかも、加地は見知らぬ女性と一緒にいたのだ…。月日は流れ、現在では新しく付き合っている恋人・川嶋巧(入江甚儀)との日常、大学に通う日常があった。けれど、消せない心の傷に気付かされる。加地との思い出が詰まった部屋では眠ることが出来ず、奈緒子は玄関で眠るようになる。奈緒子は、巧を必要とし肌を重ねることに罪悪感を感じていた。巧もまた、親友の加地と恋人だった奈緒子と付き合うことの罪悪に押しつぶされそうになっていた。

そんな折、奈緒子の父、本山諒(小市慢太郎)が、突然東京からやってくる。追いかけるようにして妹の絵里も奈緒子の下へ集まり、奈緒子のこころに変化がもたらされようとしていた。悲しみは、きっといつか勇気に変わる――。

原作は、橋本氏著の同名小説。その人気は根強く、来年度の「NHK杯全国高校放送コンテスト」の朗読部門指定作品に選出されたほど。また橋本氏は、13年4月、自身のSNS上で突然断筆を示唆する内容を発表。多くのファンが復活を待ち望んでいる中、「痛みも書きたい。得ることは失うことでもある」という想いを持つ作家・橋本氏の物語の映画化に、監督をはじめ豪華キャストが集結した。

恋人の死の喪失感と対峙、前を向かなければと足掻き続ける主人公・本山奈緒子役には、今秋スタートのNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインを演じることが決まっている波瑠さん。

絶望の縁から動けなくなってしまった奈緒子の支えになろうとする現在の恋人・川嶋巧役には、『キカイダー REBOOT』で主演を務めた入江甚儀。 死により奈緒子と巧の心に深く悲しみを残すかつての恋人・加地役には、NHK連続テレビ小説「まれ」で知られる葉山奨之。 また、奈緒子の妹・絵里役には、『ストレイヤーズ・クロニクル』『at Homeアットホーム』など話題作への出演や、カルピスなど多数のCMで脚光を浴びた黒島結菜ら、最旬若手キャストが勢揃い。

そして、奈緒子の父・本山役の実力派俳優・小市慢太郎ほか、石田えり、古舘寛治、西原亜希、岸井ゆきの、八木将康、渡辺早織といった個性派俳優陣が彼らの脇を固める。

メガホンを取る柴山健次監督は、「この物語で描かれる主人公たちは身近な人間の死という、堪え難い哀しみを乗り越えるため、全力で生きようとします。その姿勢は誰もが共感すると同時に、自分の物語だと気付くと思います。主人公たちの堪え難いはずの哀しみは、やがて僕らに優しく寄り添ってくれはずです。明日が今日より、わずかでも、輝いているように願う気持ちは誰のこころにもあると思います。この物語を必要とする方に、より多くの方々に届くことを望みます」と本作への想いを明かした。

撮影は、東京都武蔵野市と三鷹市の協力のもと、両市で2014年の冬に敢行。冷たく澄んだ空気に、登場人物たちの切ない心情が見事に調和し、原作の切なさや温もり、前向きなメッセージが表現され、観る者の心を前向きにするヒューマン・ラブストーリーがここ誕生した。今回の応援プロジェクトで、国内、そして海外へ本作の魅力を伝える活動が活発になることに期待したい。

■公式サイト:
人気小説「流れ星が消えないうちに」映画化応援プロジェクト
https://www.makuake.com/project/nagareboshi-movie/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top