深津絵里、ロハスな“もんぺファッション”を披露!『岸辺の旅』

映画

『岸辺の旅』 - (C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 『岸辺の旅』 - (C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 『岸辺の旅』 - (C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 『岸辺の旅』 - (C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 『岸辺の旅』 - (C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 浅野忠信&深津絵里/『岸辺の旅』-(C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 浅野忠信&深津絵里/『岸辺の旅』ポスタービジュアル -(C) 2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS
深津絵里と浅野忠信が初の夫婦役を演じる映画『岸辺の旅』。メガホンをとった黒沢清監督が本年度カンヌ国際映画祭「ある視点」部門「監督賞」を受賞した本作は、日本映画界を代表する2人の実力派俳優の共演に、黒沢監督初のロードムービーにして初のメロドラマといわれ、話題を呼んでいる。そんな本作で、深津さんが夫婦の旅のさなか、まさかの“もんぺファッション”を披露していることが分かった。

夫の(浅野忠信)が失踪してから3年。ある日、突然、戻り、瑞希に「俺、死んだよ。」と告げる。そして優介に誘われるまま、2人で旅に出る瑞希。それは夫が失踪してから、自宅に戻ってくるまでの3年間でお世話になった人々を訪ねていく旅だった――。

今回、黒沢監督とは初顔合わせとなる深津さんと、『アカルイミライ』以来12年ぶりの出演となった浅野さんという強力なタッグによって生み出された“究極のラブストーリー”は、夫が失踪していた間に暮らしていた場所や出会った人たちを訪ねていく旅に出かけていく物語。

ひとつめの町では、新聞配達を生業とする孤独な初老の男性を、ふたつめの町では小さな食堂を営む夫婦を訪ね、最後に訪れるのが、柄本明演じる農家の家族が暮らす山奥の農園。夫の優介とその家にしばらく滞在する中で、深津さん演じる瑞希は、地元の人に交じって農家の仕事を手伝うことに。

そのときの深津さんの姿は、まさかのもんぺにゴム長! まさに農家の主婦そのものの恰好で畑を歩く姿がとてもキュートで、ひと足先にマスコミ試写を鑑賞した女性たちから「もんぺを着てもおしゃれ」という声が上がっているほど。キュッと一つ結びにした清潔感たっぷりのヘアスタイルも魅力的な“もんぺファッション”を見事に着こなしている深津さんに注目してみて。

『岸辺の旅』は10月1日(木)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top