西島秀俊、『MOZU』フィリピンロケでは「指導を受けて本物の銃を使った」

最新ニュース

西島秀俊/「MOZU」15話上映イベント
  • 西島秀俊/「MOZU」15話上映イベント
  • 池松壮亮、西島秀俊/「MOZU」15話上映イベント
  • 池松壮亮/「MOZU」15話上映イベント
  • 西島秀俊/「MOZU」15話上映イベント
  • 池松壮亮/「MOZU」15話上映イベント
  • 西島秀俊/「MOZU」15話上映イベント
  • 池松壮亮、西島秀俊/「MOZU」15話上映イベント
11月に劇場版の公開が控える『MOZU』の連続ドラマ版計15話を9月5日(土)の夜中から翌6日(日)の昼にかけて16時間かけてイッキ見するというイベントが開催。鑑賞後にはサプライズで主演の西島秀俊と池松壮亮が舞台挨拶に登壇した。

連続ドラマは逢坂剛の人気小説シリーズを原作にTBSとWOWOWの共同製作で計15話が放送され、熱烈なファンを生んだ。劇場版では連ドラの時から日本社会の闇としてその存在が語られてきた“ダルマ”をビートたけしが演じ完結する。

この鑑賞会には約2400人の応募があり、その中から70組140名が当選。土曜の22時台から休憩を挟みつつ、翌6日の13時過ぎまで特製Tシャツとリストバンドを身に着けてスクリーンで全話を鑑賞した。

観客は一様におつかれのようだが、それでも西島さんと池松さんが登壇すると、拍手と歓声に包まれる。西島さんは客席を見渡し「おつかれさまです。ただただ感謝の言葉しかありません」と語り、池松さんは「僕は昨日、夜10時に寝て、さっき起きました(笑)。おつかれさまです。僕はジッとしているのが苦手なので16時間は無理ですね」とファンの体力と気力、「MOZU」への愛に驚いていた。

現在、劇場版は完成に向け編集作業などが進んでおり、この日は、出来上がったばかりの予告編が初めてお目見えとなった。西島さんは、この劇場版で完結となるのか? という問いに「はい、本当の終わりです。間違いないです」と全ての謎がここで解き明かされると語る。予告編ではボロボロに傷ついた倉木がそれでも戦う姿が映し出されたが、西島さんは「実際に僕もあんな感じでした」と苦笑。特に1か月に及んだ過酷なフィリピンロケについて「毎日『生きて帰ってこれた』と部屋で突っ伏す日々でした。本当に死ぬかと思いました」と述懐する。さらに、そこで使用される武器に関しても「警察の方に指導を受けて、実際の銃を使っています」と明かした。また、予告編の最後に出てくるたけしさん演じるダルマとの対決シーンについても、燃え盛る炎はCGではなく「実際の火なんですよ!」と凄まじいまでのリアリティを強調した。

ちなみに、池松さんが演じる殺し屋は行方不明となっていたが、劇場版にも登場する。どのような形で再び姿を現すのかについては「秘密です(笑)」とファンの期待を煽った。

『劇場版 MOZU』は11月7日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top