Netflix、独自コンテンツの戦略「日本は特殊なマーケット」

最新ニュース

「Netflix」リード・ヘイスティングス氏 (ファウンダーおよびCEO最高経営責任者)/photo:Ryo Uchida
  • 「Netflix」リード・ヘイスティングス氏 (ファウンダーおよびCEO最高経営責任者)/photo:Ryo Uchida
  • 「Netflix」リード・ヘイスティングス氏 (ファウンダーおよびCEO最高経営責任者)/photo:Ryo Uchida
  • 「Netflix」
  • 「Netflix」リード・ヘイスティングス氏 (ファウンダーおよびCEO最高経営責任者)/photo:Ryo Uchida
  • 「Netflix」
  • 「Netflix」リード・ヘイスティングス氏 (ファウンダーおよびCEO最高経営責任者)/photo:Ryo Uchida
映像配信の“黒船”として、ついに日本に上陸を果たした「Netflix」。シネマカフェは国内サービスが正式スタートした9月2日(水)、来日したリード・ヘイスティングス氏 (ファウンダーおよびCEO最高経営責任者)へのインタビューを敢行した。

Netflixは50か国以上で6,500万人を超える会員を抱える、世界最大級のオンラインストリーミング。ハイクオリティな画質や低料金の月額定額制、視聴者に新たなタイトルとの出会いを提供する革新的なレコメンド機能など、さまざまな特徴があるが、競合他社との差別化として注力するのがオリジナルコンテンツの製作・配信だ。ネット配信作品として初めてエミー賞に輝いた「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は同社の代表作である。

「我々がオリジナルコンテンツに求める条件は、クオリティと多様性です。その上で誰もが楽しめる平均的なものではなく、例えば10人中2~3人が情熱的に応援してくれるコアな作品を望んでいます。そうした作品がバラエティ豊かに揃っていれば、結果的には多くの視聴者を満足させることができる。優れたクリエイターに、自由に才能を発揮してもらうことも非常に重要だと思います。それがNetflixの理念なんです」(ヘイスティングス氏)。

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」に加えて、マーベル原作の「デアデビル」、『マトリックス』のウォシャウスキー姉弟が手がけるドラマチック・スリラー「センス8」、全米で社会現象を巻き起こした「オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック」といったオリジナルTVシリーズは1話の尺やエピソードの数に制約がなく、基本的には全話が一斉配信されるため、その気になれば第1話から最終回まで「いきなり一気見」できるのが大きな魅力だ。

すでに発表されている通り、“テラハ”の新シリーズである「TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY」、桐谷美玲主演の「アンダーウェア」、そして第153回芥川賞を受賞した又吉直樹の「火花」初映像化など、日本でのオリジナルコンテンツ製作にも強い意欲を見せる。ヘイスティングス氏は「日本進出を前に、かなりの時間をかけてリサーチを重ねました。非常に規模が大きく、そして特殊なマーケットだからです」とふり返る。

「例えば、『アナと雪の女王』が大成功する一方で、同じようにアメリカでヒットした映画のすべてが受け入れられるわけではない。韓流ドラマの人気も特徴的です。国内サービスが始動したいま、私たちは視聴履歴などから、日本についてより多くを学ぶことになるはず。それを踏まえて、世界中のNetflixユーザーが日本製作のオリジナルコンテンツを楽しんでくれるのが私の理想です。来年、全米配信する『テラスハウス』の反応が楽しみです」。

映画ファンにとっては、同社が長編映画の製作にも積極的である点は見逃せない。ブラッド・ピットが主演する『ウォー・マシーン』(原題:War Machine)や、アンジェリーナ・ジョリーの監督最新作などが2016年に独占配信・劇場公開される予定だ。「たとえ日本の映画館で上映されない作品でも、Netflixなら本国と同タイミングで視聴できます。劇場とは敵対関係ではありませんし、映画はどんどん製作したいですね」(ヘイスティングス氏)。
《photo / text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top