博物館で『銀河鉄道の夜』…「博物館で野外シネマ」アジア料理やビール、コーヒーも

最新ニュース

「博物館で野外シネマ」イメージイラスト - (C) shunshun
  • 「博物館で野外シネマ」イメージイラスト - (C) shunshun
  • 2014年「博物館で野外シネマ」の様子 - (C) 東京国立博物館
  • 東京国立博物館 本館(夜間開館時)  - (C) 東京国立博物館
  • 『銀河鉄道の夜』作中画像 - (C) 朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース
  • 『銀河鉄道の夜』作中画像  - (C) 朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース
  • 『銀河鉄道の夜』作中画像 - (C) 朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース
10月2日(金)と3日(土)、東京国立博物館にて野外上映イベント「博物館で野外シネマ」が開催。杉井ギサブロー監督作のアニメーション『銀河鉄道の夜』が上映される。

今年で2回目の開催を迎える「博物館で野外シネマ」。第一回目開催時には、『バケモノの子』が公開中の細田守監督作『時をかける少女』を上映し、8,600人もの来場者数を記録した。

昨年と同様、移動映画館として活動する「キノ・イグルー」との共催で実施される今年は、1985年公開のアニメーション『銀河鉄道の夜』を上映。本作は、猫のキャラクターを登場人物に、多くの宮沢賢治原作の漫画化を手掛けるますむらひろしの漫画原作を、『タッチ』『あらしのよるに』などの杉井ギサブローが映画した作品。来年生誕120周年を迎える宮沢賢治は、東京国立博物館を愛し、足しげく通ったことが短歌や手紙に残されていることから、本作がセレクトされた。

また、開催日の2日間は特別展「アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝」を含め、22時までの特別夜間開館を実施。さらに、同じく特別展の「博物館でアジアの旅」期間中つき、アジアの展示やイベントとともに、アジア料理の屋台やアジアビール、コーヒーなども楽しむことができる。秋の夜長のお出かけ先としてチェックしてみて。

「博物館で野外シネマ」は、10月2日(金)、3日(土)東京国立博物館にて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top