【特別映像】イーサン・ホーク、“ドローン”戦争の兵士に共感

映画

『ドローン・オブ・ウォー』- (C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』- (C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』 (C)2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』- (C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』- (C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』- (C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』- (C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ドローン・オブ・ウォー』ポスタービジュアル (C)2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
無人戦闘機ドローンを使った現代の戦争を描く『ドローン・オブ・ウォー』。このほど、対テロ戦争の知られざる真実と“兵士”の異常な日常をリアルに映し出した本作から、主人公のドローン操縦士を演じたイーサン・ホーク、副操縦士を演じたゾーイ・クラヴィッツら、豪華キャスト陣のインタビュー映像がシネマカフェに到着した。

アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)は、ラスベガスの基地に設置されたコンテナ内で無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国でのミッションを遂行している。1日の任務を終えると、車でラスベガスの歓楽街を通り抜け、整然と区画された住宅街のマイホームへ帰り、美しい妻・モリーとふたりの幼い子どもとの生活に舞い戻るトミー。こうした毎日が、彼の日常であり、異常な現代の戦争の姿だった…。

アメリカ本土から遠隔操作によるドローンを使った現代の戦争は、操縦士自身に危険が及ばない、ターゲットに気付かれずに攻撃可能、だが、罪のない民間人を巻き添えにする可能性が高いという利点と問題を抱えていた。

本作では、その恐ろしい実態をあぶり出し、アメリカ国内の“戦地”と“家庭”を行き来するドローン操縦士がPTSDに悩まされる様子を描く。イーサンが演じるトミー・イーガン少佐は、かつて有人戦闘機F-16のパイロットとして、200回以上の出撃を経験してきたベテランパイロット。しかし、現在では、家族の待つ自宅とエアコンの効いた空軍基地内のコンテナを行きする生活を送りながら、クリックひとつで殺害するドローン操縦士の任務に違和感を感じている。

上官であるジョンズ中佐(ブルース・グリーンウッド)に実機パイロットへの復帰を懇願するも、トミーのドローン操縦の腕前は高く評価され、受け入れてもらえない。そんな中、過酷なミッションの連続に次第に精神が蝕まれ、アルコールに依存するようになる役どころだ。

本作でトミーを支える副操縦士役・スアレス役を演じ、『マッド・マックス 怒りのデスロード』での好演も記憶も新しいゾーイ・クラヴィッツは、そんなトミーのキャラクターを「“箱”に閉じ込められた実戦のパイロット」と評し、「多くの人のように彼も新しい方向性に順応しようとするも抵抗がある」と、職場でのトミーの心情について語っている。

一方で、トミーの妻役を演じ、今年のエミー賞ノミネート作品「マッドメン」に出演するジャニュアリー・ジョーンズは、安定した生活の中で愛し合っていた夫が何もできないほど壊れていく様子をもの悲しく語る。

イーサン自身も、今回の役どころについて「彼が抱える問題は共感できると思うよ、兵士のプライドの問題だ」と語り、続けて「国や信条のために命を捧げる覚悟でいるが、前線から距離をおいてみると、国のために人を殺していいのか疑念がわく」と、PTSDにとらわれながら葛藤する兵士の心情に言及する。

トミーが、自身の人生を取り戻すために選んだ選択とは…? この問題作が問いかける真実を、彼らが語る映像からも確かめてみて。

『ドローン・オブ・ウォー』は10月1日(木)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top