朝ドラヒロイン土屋太鳳&波瑠、ドラマゆかりの品を交換!

最新ニュース

土屋太鳳、波瑠/「まれ」「あさが来た」“バトンタッチ”取材会 - (C) NHK
  • 土屋太鳳、波瑠/「まれ」「あさが来た」“バトンタッチ”取材会 - (C) NHK
  • 土屋太鳳、波瑠/「まれ」「あさが来た」“バトンタッチ”取材会 - (C) NHK
  • 土屋太鳳、波瑠/「まれ」「あさが来た」“バトンタッチ”取材会 - (C) NHK
現在放送中のNHK連続テレビ小説「まれ」から今秋放送開始予定の「あさが来た」への“バトンタッチ”取材会が9月10日(木)、大阪にて行われ、「まれ」ヒロインの土屋太鳳、「あさが来た」でヒロインを演じる波瑠が登壇した。

ドラマ「あさが来た」は幕末からスタートし、激動の時代の大阪を明るく元気に駆け抜けたおてんば娘と、陽気にヒロインを支え続けたボンボン夫の「おもろい夫婦」を中心に、様々な人間ドラマが繰り広げられる。

当日イベントに出席した「まれ」制作統括、高橋練チーフ・プロデューサーは「『まれ』は、8月20日、ちょうど20日前に撮影が終わりまして、つい先日撮り終わったような感じなのですが、もう20日も経ってしまったんだなぁ、と、今日土屋さんに久々に会って思っています」と感慨深げ。反対に、現在収録の真っ最中だという「あさが来た」について、佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーは「毎晩毎晩、波瑠ちゃんが格闘してくれています。撮っても、撮っても、まだ放送に流れていない中、一番大変な時期をいま、波瑠ちゃんは走り抜けています。先日、東京、大阪の両方で記者試写会を行い、やっと見てくれる人ができたなぁということが、僕らのいまの喜びで、これから9月28日から全国のみなさんに見てもらえるんだなあと思っています」と全国放送を心待ちにしている心境を告白。さらに、「キーワードに“びっくりぽん”というのと“ちょんまげ朝ドラ”というのが行き渡っているのか…ちょんまげの時代から描く、初めての朝ドラとして『まれ』の世界から150年遡った世界にも“女性の青春”はあった、という感じが視聴者のみなさんに届くことを祈ってやみません」と語っている。

この日、取材会に出席した土屋さんと波瑠さんは、互いに花束を贈呈し、「本当にお疲れ様でした。私もいま撮影の真っただ中なので、本当に大変だったろうなって思います。『まれ』を見ていると、全然、体の小ささを感じさせない存在感の大きさがあって、本当にすごい女優さんだな、と思いました。そんな土屋さんからバトンを受け取って、ちゃんと渡せるようにしますので、応援してください」(波瑠さん)、「幕末から明治にかけてすごく大変な時代だと思うんですけれど、私も大好きな時代なので、波瑠さん演じる『あさ』も、セットも衣装も素敵なのですごく楽しみにしています。素敵な撮影になるように、心から祈っています。本当に体調にだけは気をつけて頑張ってください」(土屋さん)と互いにメッセージを送った。

さらにドラマゆかりの品のプレゼント交換も行われ、土屋さんからは、菓子指導のパティシエ・辻口博啓さん作「特製ケーキ」を、波瑠さんからは許婚・新次郎からプレゼントされた「赤いそろばん」が贈られた。

連続テレビ小説「あさが来た」は9月28日(月)8時よりNHKにてスタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top