月9「恋仲」最終回に銀杏・峯田和伸が登場! 福士蒼汰&本田翼を繋ぐ役?

最新ニュース

本田翼&峯田和伸&福士蒼汰/「恋仲」最終回-(C)フジテレビ
  • 本田翼&峯田和伸&福士蒼汰/「恋仲」最終回-(C)フジテレビ
  • 峯田和伸出演シーン/「恋仲」最終回-(C)フジテレビ
いよいよ本日14日(月)に最終回を迎えるフジテレビ月9ドラマ「恋仲」。福士蒼汰、本田翼、野村周平の三角関係が話題の本作だが、この度最終回に「銀杏BOYZ」の峯田和伸が民放ドラマ初出演を果たす。

14日放送の第9話では、新人建築設計コンクールで審査員賞を受賞した三浦葵(福士蒼汰)は、自分の作品説明をするうちに、芹沢あかり(本田翼)がどれだけ自分にとって大切な存在だったのか気付く。そして受賞式のさなかに飛び出し、蒼井翔太(野村周平)のもとへ向かったあかりを追いかける。しかし、あかりが乗った新幹線には間に合わず…。

7年ぶりに富山に降り立ったあかりが見た風景は、すっかり変わっていた。葵や翔太、金沢公平(太賀)と無邪気に笑い合っていた高校時代。通学に使っていた駅。いつもみんなが一緒にいた“あの頃“は永遠に続くのだと思っていた。あかりが翔太との待ち合わせ場所に着くと、そこには葵の姿が。あかりは、葵からいまの思いを打ち明けられる。不器用だが正直で素直な気持ちを告白した葵は、もしあかりも同じ気持ちなら約束の場所で待っていると伝える。葵と翔太、あかりが選んだのは…。

初回放送で福士さん演じる三浦葵と本田さん演じる芹沢あかりの思い出の曲としてドラマ内で使われた「銀杏BOYZ」の「BABY BABY」。高校時代にイヤホンを分け合って聴いた「BABY BABY」は、峯田さんがバンド「GOING STEADY」時代に19歳で作詞作曲した曲で、峯田さんの代表曲のひとつだ。意外な挿入歌の登場に視聴者から驚きの声が多くあがったが、続く第2話では世武裕子によるカバーバージョンが流れ、7年ぶりに再会した2人の距離をぐっと近づけるきっかけとなった。

主演を務めた映画『アイデン&ティティ』や『ピース オブ ケイク』など、映画界でも独特の存在感を発揮し、演技にも定評のある峯田さん。今回、峯田さんの出演シーンでは主人公とヒロインに“何か”を手渡すのだという。果たしてどんなシーンに登場するのか? 峯田さんは撮影について「楽しかったです。最終回ということで、いままで3か月間ずっと撮影を続けてきた福士さんと本田さんの2人の感じが本当に良いな、と思いました。2人の中から自然に生まれてくるものがあって、それがちゃんと芝居の中に見えて、そこが良いな、と」。自身の演技を自己評価すると? という問いについては「0点です(笑)。自己評価は全くできないですから。とりあえず迷惑だけはかけないようにつとめただけです」と真摯にコメントした。

プロデュースを務める藤野良太は「峯田和伸さんは僕の青春時代の憧れの人で、そしていまもなお特別な存在です。最終話でスペシャルゲストをお招きしたいと思ったとき、峯田和伸さんにご出演いただきたいと思いました。1話で『BABY BABY』を使用させていただいた縁もあったので、オファーした所、快くご快諾いただけました。撮影時は緊張と興奮が入り混じってとてもハイテンションでした(笑)。役も軽やかに演じてくださり、とてもすてきなシーンを撮ることができました。峯田さんに心から感謝しています」と語った。

15分拡大で放送される最終回。以前、蒼井翔太役・野村さんと、複雑な恋と友情の間に立つキーパーソン・金沢公平役の太賀さんによる座談会トークを副音声で同時放送し話題となったが、今回もネットと連動した演出が盛り込まれるという。

「恋仲」最終回は9月14日(月)21時からフジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top