【予告編】“発明家”夫婦が選んだ最期とは?『ハッピーエンドの選び方』

映画

『ハッピーエンドの選び方』 (C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
  • 『ハッピーエンドの選び方』 (C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
  • 『ハッピーエンドの選び方』 (C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
  • 『ハッピーエンドの選び方』 (C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
  • 『ハッピーエンドの選び方』 (C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
  • 『ハッピーエンドの選び方』 (C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
  • 『ハッピーエンドの選び方』ポスタービジュアル(C) 2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
昨年度の第71回ヴェネチア国際映画祭ヴェネチア・デイズ「観客賞」を始め、世界各国の映画祭で拍手喝采を浴びたイスラエル映画『ハッピーエンドの選び方』。このほど、笑いと涙に包まれた年老いた“発明家”夫婦の物語から、予告編映像が解禁となった。

とある老人ホームに暮らすヨヘスケルは、ユニークなアイディアでみんなの生活を少しだけ楽にするような発明が趣味。ある日、彼は望まぬ延命治療に苦しむ親友マックスから、発明で安らかに死なせてほしいと頼まれる。妻レバ―ナは猛反対するが、ヨヘスケルは親友を助けたい一心で、自らスイッチを押して苦しまずに最期を迎える装置を発明するが――。

人は、自分らしい最期を選ぶ自由はないのだろうか…? 新進気鋭のイスラエル若手監督の実体験から着想された物語に、世界中の映画祭の上映会場が笑いに包まれたという本作。死と向かい合いながらもユーモアを忘れず、仲間のために奮闘する“発明家”の姿は前向きに生きることの大切さを教えてくれ、発明家夫婦の絆の深さは大きな感動を呼んだ。

解禁となった予告編にまず映し出されるのは、エルサレムの老人ホーム。そこに妻のレバーナと暮らすヨヘスケルは、“お薬お知らせマシーン”や、“神様と話せる電話機”といった発明でみんなの暮らしを少しだけ楽にすることが大好きだった。ある日、親友のために“自分の最期を自分で選ぶ発明”を完成させた彼は、同じホームの仲間たちの助けも借りて、自分の意思で安らかに旅立つ友人を見送る。


しかし、秘密だったはずのその発明の評判は瞬く間にイスラエル中に広がり、それぞれの事情を抱えた人々から依頼が殺到。そんな中、愛するレバーナに認知症の兆候があらわれ始める。レバーナは自分らしくいられる内に、ヨヘスケルを残し老人ホームを去ろうとする。彼女を失うことに動揺し、疑心暗鬼に陥るヨヘスケル。愛する人の想いにヨヘスケルはどう対峙するのか? それぞれに葛藤し、想い合う夫婦が下したある決断とは…?

ヨヘスケルの生み出した発明でコミカルになる老人たちの日常とともに、家族の愛情、夫婦の絆が静かに描かれていく本作。誰にでも必ず訪れる最期のときを、自分らしくまっとうしようと奮闘する人々の姿が胸を打つ予告編を、まずはこちらからご覧あれ。

『ハッピーエンドの選び方』は11月、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top