三浦春馬、『進撃の巨人』公開の喜びと寂しさを吐露

最新ニュース

三浦春馬/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 三浦春馬/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 水原希子/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 本郷奏多/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 長谷川博己/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 石原さとみ/『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
  • 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』公開初日舞台挨拶
大人気漫画「進撃の巨人」の実写化プロジェクトの二部作の後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が9月19日(土)に公開を迎え、三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、石原さとみらキャスト陣と樋口真嗣監督が舞台挨拶に登壇した。

三浦さんは公開までにこの日も含め58回もの舞台挨拶に登壇。TVや雑誌などのインタビューを受けた媒体数は261に及んだ。「以前はどこかで『よく見られたい』と意識していて、クロストークもうまくいかなかったけど、今回はいろんな話をできるようになりました。自分のことよりも、いろんな経験をさせていただき、たくさんのことを学ばせてもらった『進撃の巨人』という作品をより多くの人に見てほしいと思ったから」と何より作品のためにという思いでプロモーションに参加してきたと振り返った。

また本作はすでに84か国での公開が決まっているが、アメリカでは9月30日(現地時間)より112館で公開が開始となる。実写邦画で3ケタもの館数でアメリカで公開されるのは異例のこと。三浦さんは「純粋に嬉しいです。この作品のパワーを感じます」と語り、水原さんも「LAでもプレミアでも(いい)感触はあったので、海外の人にも見てほしいと思ってました」と喜びを口にした。

樋口監督は「このメンバーとやれて幸せです」と改めて苦難を共にしたキャスト陣にねぎらいの言葉を掛けた。

最後に再びマイクを握った三浦さんは「本日をもってキャンペーンが幕を閉じるかと思うと寂しい気持ちでいっぱいです」と胸の内を吐露。今回の二部作で主演を張ることについて「とても大きなプレッシャーがありましたが、その中でたくさん学び、考え、感じて過ごしてきました」と振り返る。さらに、特に長い時間を共に過ごしてきた本郷さんと水原さんの名を挙げ「同世代でもあり、ずっと支えてくれました」と語り、他のスタッフ、キャストへの感謝の思いを口にする。さらにこのチームをまとめ上げた樋口監督の存在の大きさについて言及し「もう一度、大きな拍手を」と促し会場が拍手に包まれると、樋口監督は思わず涙をぬぐった。そして三浦さんは「素晴らしい景色を見せてくれた『進撃の巨人』が多くの人の心に残り続けることを願っています」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top