全米で社会現象化!アイス・キューブら伝説的ラップグループ描く伝記映画、上陸

映画

『ストレイト・アウタ・コンプトン』(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『ストレイト・アウタ・コンプトン』(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS
  • (拡大)『ストレイト・アウタ・コンプトン』(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を抜き、全米で3週連続のNo.1を記録した、伝説的ヒップホップ・グループ「N.W.A.」の知られざる真実を描く伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』(原題:Straight Outta Compton)が、12月19日(土)より日本公開されることが決定した。

舞台は1986年、アメリカで最も危険な街といわれるカリフォルニア州コンプトン。この地で、暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だった――。

本作は、ラップという表現で自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、「世界で最も危険なグループ」と呼ばれたヒップホップ・グループ「N.W.A.」の結成、成功への道のりと挫折、名声の代償、権力と偏見との戦い、裏切り、そして友との別れ…といった知られざる物語を描きした伝記映画。

エミネム主演の『8マイル』が持つ全米累計興収を3週間で塗りかえ、音楽伝記映画としては歴代1位の興行収入を記録。さらに、映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では堂々の90%を叩き出す高評価をゲット。超大作がひしめく中、全米で3週連続1位を獲得し、現在もベストテン圏内に入る大ヒットとなっている。

1986年にコンプトンで結成された「N.W.A.」(Niggaz With Attitude)とは、イージー・E、MCレン、DJイェラ、アイス・キューブ、ドクター・ドレー、アラビアン・プリンスで構成。本作タイトルにもなったデビューアルバム「Straight Outta Compton」は暴力的なリリックを含みながらも、理不尽な社会への反骨精神を等身大で表現したことで若者を中心に大ヒット。これが黒人差別をする警察暴力への反対運動を一気に加速させ、社会現象にまで発展。ついには、1992年のロサンゼルス暴動の際、「世界で最も危険なグループ」と警察やFBIから目をつけられるまでにとなった。

出演者は全員、オーディションから選ばれたが、アイス・キューブ役を彼の実の息子オシェア・ジャクソン・Jrが熱演しており、アメリカで高い評価を受けている。彼を始めとする次世代の俳優たちが、「N.W.A.」をまさに“体現”する姿は必見。また、彼らのマネージメント役には名優ポール・ジアマッティ、そして監督を「N.W.A.」メンバーと親交のあった『交渉人』のF・ゲイリー・グレイが務め、製作にはドクター・ドレーとアイス・キューブが名を連ねている。

音楽映画という垣根を完全に超え、再び社会現象と化していく「N.W.A.」。いまなお多くのアーティストたちに影響を与え続けている彼らの真実のドラマを目撃してみて。

『ストレイト・アウタ・コンプトン』は12月19日(土)より渋谷シネクイントほか全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top