大野いと、ドラマ初主演! 松島庄汰と“競馬ラブコメディー”で共演

最新ニュース

大野いと「馬子先輩の言う通り」
  • 大野いと「馬子先輩の言う通り」
  • 松島庄汰「馬子先輩の言う通り」
連続テレビ小説「あまちゃん」出演で知られる注目の若手女優・大野いとと、「仮面ライダードライブ」で1年間レギュラー出演を務めた松島庄汰を迎え、実際の競馬のレース結果でドラマのストーリーが変わる前代未聞の“競馬ラブコメディー”「馬子先輩の言う通り」が放送されることが決定。大野さんは本作がドラマ初主演となる。

とにかく馬が大好きで、馬にしか興味を持たない美女・馬子と、その馬子に一目ぼれをした競馬の知識ゼロな岡部豊、そして馬子が愛する馬たちとの奇妙な三角関係を軽妙に描いていく本作。岡部が、何とか馬子との距離を縮めようと、それまで全く興味がなかった“競馬”を一から学んでいくというストーリーだが、そこで登場する馬名やレース名など“競馬”に関する情報は、JRA協力のもと全て実在のものを使用。さらに実際のレース結果によって、次週のドラマの内容が分岐するなど、画期的な取り組みを行われるようで、競馬ファンはもとより、競馬に興味のない視聴者でも楽しめるようだ。

主役の馬子を演じるのは、デビュー作『高校デビュー』で主演に抜擢され、その後も、連続テレビ小説「あまちゃん」や、『偉大なる、しゅららぼん』などに出演し、着実に女優としてのキャリアを積み重ねる大野さん。テーマの“競馬”については「馬柱の読み方や、『単勝』など専門用語がたくさんあり、複雑」と、本物の競馬情報を使用するならではの困難さを明かしたが、「馬子ちゃんを超える位、私自身が馬好きになって、馬子ちゃんの思いに覆いかぶされればと思います。馬を見た瞬間に『好きだ』っていう気持ちが湧くようにしたい」と、意欲を示した。

また、岡部を演じるのは、2007年に行われた「アミューズ30周年全国オーディション」で応募者65,368人の中から準グランプリを受賞し、近年では映画『クジラの夏』や『青鬼ver.2.0』に出演、現在放送中の「モバイルシャーロックII」では番組MCも担当し、幅広く活躍する松島さん。大野さんと松島さんは本作が初共演となる。

本作の大きな特徴のひとつ、ドラマ内の登場人物たちが実際に行われるレースに運命を託し、その結果が的中した場合と、外れた場合とで、ドラマのストーリーが分岐していく点だが、10月23日(金)放送の第3話では、馬子に思いを寄せる岡部が「来週の菊花賞、この馬に運命を託します! もし僕の選んだ馬が勝ったら付き合って下さい!」とアピール。番組内で岡部が運命を託す馬の名前を発表し、10月25日(日)に実際に行われるGIレース「菊花賞」で岡部の選んだ馬が勝つか否かで、10月30日(金)放送の第4話のストーリーの一部が分岐するという。さらに、放送しなかったバージョンに関しては、番組公式ホームページなどで公開予定だ。

「馬子先輩の言う通り」は10月9日(金)24時40分よりフジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top