東出昌大、父と晩酌について明かす「そういう年の重ね方をしていきたい」

最新ニュース

「トリス〈クラシック〉」新CM「ピンときた」
  • 「トリス〈クラシック〉」新CM「ピンときた」
  • 「トリス〈クラシック〉」新CM「ピンときた」
公開中の『GONIN サーガ』の主演を務める東出昌大がサントリーウイスキー「トリス <クラシック>」のイメージキャラクターに抜擢。10月8日(木)より、東出さん出演の新CM「ピンときた」篇が放送される。

先日、来年公開の黒沢清監督最新作『クリーピー』のクランクアップが報じられた東出さん。本CMでは、ある夕方の仕事帰り、商店街をスーツ姿で歩く東出さんが、とあるBARに立ち寄るといった内容のもの。バーテンダー役には、『岸辺の旅』『人生の約束』『モヒカン故郷に変帰る』など公開作が絶えない名優・柄本明が扮している。

映像冒頭、仕事帰りのスーツ姿で商店街を歩く東出さん姿が映し出される。ふと「TORYS BAR」の文字に目がいき店内に入ると、そこには黙々とグラスを拭くバーテンダーの柄本さんが。たどたどしい様子の東出さんが柄本さんにおすすめを尋ねると、「ピンときたのでいいんですよ」とアドバイス。すると、トリスウィスキーのキャラクター“アンクルトリス”が「恋といっしょ…」とつぶやく。


お酒のCMへの出演は今回が初となる東出さんは、出演決定の心境について「とてもうれしかったです。僕自身、すごくお酒好きなので、この仕事を続けている限りはやりたいなとずっと思っていたものでした」とコメント。 普段も特別な日にはBARに足を運ぶという東出さんは、「あんなにかっこいいバーテンダーさんがいるBARが近所にあったらいいなと思いました」と、柄本のさんのバーテンダー姿を絶賛。撮影の合間には、本物のバーテンダーとサラリーマンのように会話を楽しんだそう。

撮影を終えた東出さんは、「BARではないですけど、僕の父も毎晩ウイスキーを1、2杯飲んで、気持ち良さそうに寝ていたんです。すごく昭和な父って感じで。だから、晩酌っていいなって。ホッとする瞬間だったり、仕事から帰ってきて家庭に落ち着くという、その切り替えの瞬間だったりするので、 そういう年の重ね方をしていきたいなって思いますね」と、結婚を経た落ち着きを感じさせるコメントを寄せた。

「トリス <クラシック>」新CM「ピンときた」篇は、10月8日(木)より放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top