綾野剛、産婦人科役でついつい妊婦の友人を健診?

最新ニュース

綾野剛/「コウノドリ」試写会
  • 綾野剛/「コウノドリ」試写会
  • 綾野剛/「コウノドリ」試写会
  • 松岡茉優/「コウノドリ」試写会
  • 星野源/「コウノドリ」試写会
  • 大森南朋/「コウノドリ」試写会
  • 吉田羊/「コウノドリ」試写会
  • 「コウノドリ」試写会
  • 綾野剛/「コウノドリ」試写会
綾野剛にとって連続ドラマ発単独主演となるTBSの新ドラマ「コウノドリ」の試写会が10月7日(水)に開催。綾野さんをはじめ、共演の松岡茉優、吉田羊、星野源、大森南朋が登壇した。

「週刊モーニング」連載の150万部突破の人気漫画を原作にした本作。愛情あふれる産婦人科とピアニストという2つの顔を持つ主人公・鴻鳥(こうのとり)サクラを中心に、産科医療の現実が描き出される。

この日の試写会は医学生を含む医療従事者を招待して開催。“本物”の観客の審査に触れて綾野さんらは緊張した面持ちだったが、温かい拍手と歓声に迎えられてホッとした様子。綾野さんはまず、多くが仕事帰りである客席の医療従事者のみなさんに「お仕事おつかれさまです!」と労いの挨拶。本作に参加して、産婦人科や出産といったことのイメージが変わったか? という問いに「お子さんのいるお母さん、妊婦さんを見ると、必要以上に気になってしまいます! 『歩道に寄り過ぎじゃないかな?』とか考えたり…。妊娠している友人に『どういう生活してるの?』とか“健診”してますね(笑)。『安産というのは結果論であって、安定期というのも決して安全な時期ということではないんだよ』とか…(笑)」と自嘲気味に語ったが、これには医療関係者から称賛の大きな拍手がわき起こった。

二十歳の松岡さんは同じ質問に「同世代で話してても『何歳で結婚して、子どもは何人で…』と話していても夢見がちでしたが、『結婚したいですか? ご家庭を持ちたいですか?』とよく聞かれるんですが、軽々しく『はい』と言えなくなりました」と役柄とはいえ命の誕生に携わることの責任を深く実感しているよう。

星野さんは「電車や映画館で子供が大きな声を出しているのを見ると、ものすごく嬉しくなって、嬉しくて嬉しくて泣けてきます。『元気でよかったな」って」と自身の変化を告白。大森さんは「現場に新生児がいるんですが、見て心底『かわいい』と思うし、自分にそういう気持ちがあったことに感動しました」と明かす。

会場に集まった医療従事者から寄せられた質問で「産婦人科に進もうかと考えている」という方から、本作に参加して感じた産婦人科の魅力を尋ねられた綾野さんは産婦人科の背負う重大な責任や大変さなどについて語りつつもそのやりがいについて熱く語り「産婦人科がまだまだ足りていないのでよろしくお願いします!」と訴えた。

実際に役作りの取材のために綾野さんらは医療の現場に足を運び、医師からも話を聞いたというが、星野さんは「ひとつ、すごく心に残っていること」として、「帰り際に小さな声で、そのお医者さんが『あまりカッコよくしないでくださいね』と仰ったんです」と明かす。松岡さんも同じくその言葉が心に残っていたそうで「(医者は)スーパーマンじゃないんです」としみじみと語り、綾野さんも実際に演じてみて「カッコつけようがないです。家で練習するときは(クールに)『メス』とか言ってるんですけど(笑)」と冗談を交えつつ、星野さん、松岡さんの言葉に深く同意していた。

連ドラ単独初主演についても綾野さんは「実はプレッシャーは全くなくて、ここにいるみなさんに、こんなに支えてもらえることに、甘えていいんだなと思って、もたれかかりながらやってます」とリラックスした表情で語り、チームの一体感を感じさせた。

「コウノドリ」は10月16日(金)より放送開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top