宮藤官九郎、ギャオスに捕食される!?「ガメラ」50周年記念映像公開

最新ニュース

「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
  • 「GAMERA」(C)GAMERA/KADOKAWA
かつて『ゴジラ』と双璧をなした、特撮ファンから熱狂的人気を誇る怪獣シリーズ『ガメラ』。この度、ニューヨークで現地時間10月8日より開催している米ポップカルチャーの祭典「New York Comic Con2015(ニューヨーク・コミコン2015)」にて、ガメラ生誕50周年記念映像「GAMERA」を公開。宮藤官九郎が主人公の父親役で出演していることが明らかとなった。

日本・東京をギャオスが来襲。人々が逃げ惑うなか、少年・マナフ(高橋琉晟)は、父親(宮藤官九郎)をギャオスに食べられ、失ってしまう。ひとり生き残ったマナフの運命とは――。

現地時間の10月8日、ニューヨーク・マンハッタン ジェイコブ・K・ジャヴィッツ・コンベンションセンターにて開催中の「ニューヨーク・コミコン2015」にてお披露目された「GAMERA」。CGで甦った本作を手掛けたのは、『茶の味』『ハロー!純一』など映画、CM、TV、ドラマ、アニメーションなど、あらゆるジャンルの映像作品を手掛け、クエンティン・タランティーノ監督作『キルビル Vol.1』のアニメパートも手掛けた実績もある、鬼才・石井克人監督。

同ステージには、石井監督のほか、KADOKAWA 代表取締役専務 井上伸一郎氏、KADOKAWA 企画・プロデューサー 菊池剛氏が出席した。

また、10月22日(木)~10月31日(土)に開催される第28回東京国際映画祭の日本映画クラシックス部門の旧作『ガメラ』シリーズ4作品上映にて、「ガメラ」生誕50周年記念映像が日本で初上映される予定だ。このたびお披露目された「GAMERA」は、「ガメラ生誕50周年」公式サイトにてショートバージョンを公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top