アントニオ・バンデラス主演、チリ鉱山の奇跡『The 33』公開決定

映画

『The 33』(原題) -(C)2015 ALCON ENTERTAINMENT,LLC
  • 『The 33』(原題) -(C)2015 ALCON ENTERTAINMENT,LLC
  • 『The 33』(原題) -(C)2015 ALCON ENTERTAINMENT,LLC
  • 『The 33』(原題) -(C)2015 ALCON ENTERTAINMENT,LLC
  • アントニオ・バンデラス-(C)Getty Images
2010年8月5日(現地時間)、33人もの男性鉱山作業員が地下700mに生き埋めになった「チリ サンホセ鉱山落盤事故」。アントニオ・バンデラスが主演を務め、全世界が固唾をのんで見守った奇跡のサバイバル劇を実写化した『The 33』(原題)が、事故発生から69日ぶりに救出された記念すべき日に当たる10月13日、2016年に日本公開されることが発表された。

2010年、南米・チリで100年もの間、金と銅を算出してきた鉱山で発生した落盤事故。33人の作業員が、ビルの200階分、なんと東京スカイツリーの高さに相当する地下700mという地中深くに生き埋めにされた。食糧と水の備蓄は3日分、誰もがその第一報を悲劇として受け止めた。ところが、17日目に彼らの生存が確認され、不眠不休の救助活動の末、69日目にして全員が生還を果たす。

5年たった現在でも、全世界の人々の目に鮮烈に焼き付いている1人目の作業員が地上に現れた瞬間の歓喜。彼らは、いったいどうやって生き延びたのか? 隔絶された地上と地下で繰り広げられた数々の闘い、サバイバルの全貌が、初めて明かされる――。

この困難な時代を生き抜く力をもたらす感動の実話を、実際の作業員や家族たちから協力を得て完全映画化した本作。主演はハリウッドのトップスター、アントニオ・バンデラス。どんな極限状況でもユーモアを忘れない、愉快で心の広いマリオに扮する。また、作業員の弟の救出を粘り強く訴え続けたマリアを演じたのは『アクトレス~女たちの舞台~』の公開も控えるフランスを代表する女優ジュリエット・ビノシュ。

さらに、ロレンス・ゴルボルン鉱山大臣を『300〈スリーハンドレッド〉』シリーズのロドリゴ・サントロ、救出の指揮を執ったエンジニア、アンドレ・スーガレットを『ユージュアル・サスペクツ』のガブリエル・バーンが演じている。

オファーが殺到した映画化権を獲得したプロデューサーは、『ブラック・スワン』で米アカデミー賞にノミネートされたマイク・メダボイ。『モーターサイクル・ダイアリーズ』で同賞にノミネートされた脚本家のホセ・リベーラが綿密な取材で原案を作成、『ダラス・バイヤーズクラブ』で同賞にノミネートされたクレイグ・ボーテンが脚本作りに加わった。監督はパトリシア・リゲン。音楽は『タイタニック』でオスカーに輝き、先日、飛行機事故で命を落とし、その才能を惜しまれたジェームズ・ホーナーが担当している。

撮影は、事故が実際に起きた現場からわずか数キロメートルという地、アタカマ砂漠(チリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠)などで敢行。チリでは8月6日に公開され、初登場1位を獲得、オープニングの興行成績としては歴代2位という記録的大ヒットとなった。

主演のバンデラスは、「鉱山作業員33人にそれぞれの物語があり、地上で救出に当たった人たちや救出を待つ家族にも、全てが信じられないほど感動的なストーリーがあったはずだ。映画では全てを描くことはできないが、チリ人の協力性と団結力を忠実に伝えなければならないと思っている」とコメント。

さらに、「『マスク・オブ・ゾロ』は実在するヒーローではありません。でも、チリの鉱山作業員は実在するヒーロー。そして、その仲間たちも実在する。そのことを私はこの映画で伝えたいと思っている」と、力強く語っている。

そのバンデラスが演じた実在の作業員マリオ本人は、「この事故が20年前に起きていたら、おそらく私たちは救出されなかっただろう」と言う。「今回の救出劇は、妻と家族や友人たちの努力と報道機関が起こした奇跡だ。私は地上にいる人たちの映像を見るたびに、今でも涙が止まらない。昼間はとても暑く、夜はとても寒い砂漠で苦しんでいた家族のことを思い出すんだ。この奇跡が映画化されるということは、チリ人のチームワーク、特に逆境での団結力を全世界に伝えることができる。本当に、夢のようだよ」。

地下の鉱山作業員だけではなく、地上で彼らの生還を待ちわびる家族、そしてレスキュー隊員の熱意などにもスポットを当て、国際色豊かな実力派キャスト、オスカー常連のスタッフ勢で描く実話。今後の続報にも注目していて。

『The 33』(原題)は2016年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top