May J. 、歌手目指す少女に「勇気をもらった」…『エール!』コメント到着

映画

『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
  • 『エール!』-(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia
奇跡の歌声と家族の絆を描き、6月に開催されたフランス映画祭で「観客賞」を受賞した『エール!』。本国でも驚異的な大ヒットを記録し、750万人もの観客が笑って涙した話題作に、MayJ.や住岡梨奈、松井愛莉、杉山愛など、各界の著名人から絶賛の声が到着した。

フランスの田舎町で仲良く暮らすベリエ一家。唯一、普通の家族と異なるのは、主人公で高校生のポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外の家族全員、耳が聴こえないこと。それでも笑顔を絶やさず明るく日常を送っていた一家だったが、ある日、ポーラの歌の才能に気付いた高校の音楽教師が、彼女にパリの音楽学校のオーディションを受けることを勧め、ポーラと家族の間に不協和音が生じ始める…。

2014年12月17日にフランスで公開されるやいなや、4週連続1位を獲得、12週連続でTOP10入りを果たすという驚異的な記録を達成した本作。日本でもフランス映画祭2015ではオープニングを飾り、大ヒットした『最強のふたり』『タイピスト!』などに続いて「観客賞」を受賞した。

そんな日本での公開が待たれる期待本作を一足早く鑑賞した、歌手・ミュージシャン・女優など、多彩な顔ぶれの面々より、感動を伝えるコメントが到着した。


■May J.(歌手)
チャンスは全ての人にあって、それを掴むことができるかどうかは自分次第。反対されながらも、自分を信じて戦い続ける姿に勇気をもらいました。

■杉山愛(スポーツキャスター/元プロテニスプレイヤー)
感動で涙がとまりませんでした。家族との本当の意味でのコミュニケーションってこういうこと。私も夢を叶えるまでには家族の協力と支えなしではありえませんでした。帰る場所があるという素晴らしさを教えてくれる作品です。

■時任三郎(俳優)
俳優達のナチュラルな演技やそれを引き出した演出。どの役にも感情移入できるし愛が溢れている。笑いと涙で心が浄化された。

■萬田久子(女優)
切なさをユーモアに逆転することで涙の種類は変わってくる。下がりかけた口角がキュッと上がる。何なの!? この一人一人の存在感! 感情の赴くまま天真爛漫にぶつかり合う家族の不思議な絆に思わずクスッ(笑)。

■綾戸智恵(ジャズシンガー)
家族が繰り返し経験することやのに、気づくん難しいねんけど、 ここから形だけやなくホンマの一つになる家族に気づくんや!  私からも頑張んなはれや!

■カジヒデキ(ミュージシャン)
思い出す度に、感動で鳥肌が立ちます! 温かくて強くて可愛くて、感情表現豊かな べリエ家族から、愛情溢れるエールを沢山貰いましたし、心から彼らにエールをお返ししたい!

■勝俣 州和(タレント)
助け合うだけじゃなくて応援し合える家族っていいね。 久しぶりに気持ちの良い涙を流しました。 「エール!」最高! 「エール!」ありがとう!

■照英(俳優・タレント)
あなたの一番の味方は家族です。家族には果てしない愛がある。今あなたが夢に向っているならば、この映画があなたの家族になってくれるはず!!

■松井愛莉(女優)
家族の愛や歌、みんなの頑張りにすごく引き込まれました! 終わったあと感動と共に心が温かくなって自分にもみんなにもエールを送りたくなる作品でした!


本業のシンガーたちをも感動させる、主人公ポーラを演じるルアンヌの “奇跡の歌声” も堪能できる本作。その素晴らしさはぜひスクリーンで体験してみて。

『エール!』は10月31日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top