「貧困を地球上から無くしたい」世界中のランドマークを国連ブルーに

最新ニュース

国連WFP
  • 国連WFP
  • 国連WFP
世界の名所が青く染まる2015年10月24日、第2次世界大戦への反省から生まれた国連は創設から70年を迎える。

この70回目の誕生日を記念し、国連の呼びかけにより、アメリカ・ニューヨークの国連本部ビルやエンパイア・ステート・ビル、ブラジル・リオデジャネイロのマラカナン・スタジアム、デンマーク・コペンハーゲンの人魚姫の像、アフリカのジンバブエ準備銀行、ヨルダンのぺトラ遺跡、日本の横浜マリンタワーや東京スカイツリーなど、世界ならびに日本のランドマークも「Turn the World UN Blue」キャンペーンとして国連の青いシンボル・カラー「国連ブルー」に染まる。

キャンペーンには、すべての大陸から36カ国、101カ所が参加。
今年、国連は環境に配慮しながら2030年までに貧困を地球上からなくすための「持続可能な開発目標」を採択した。
歴史的な年の国連デーを、世界各地の名所を平和・人権・開発の象徴である国連ブルーに染めて、世界中の人々と連帯して祝う。

世界中に、各地のランドマークが青く染まる模様を、#UN70と国連のツイッターアカウントである@UNを添えてつぶやいてもらうことを呼び掛けている。
フェイスブックでも#UN70を添えて撮影した写真を投稿しよう。世界の人々と各地の国連ブルーを共有することができる。
《タビル編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top