日米エベレスト映画が、東京国際映画祭で異例の合同会見!

最新ニュース

『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
  • 『エベレスト3D』『エヴェレスト 神々の山嶺』合同記者会見
第28回東京国際映画祭の特別招待作品『エベレスト3D』と、岡田准一が主演する来年公開の『エヴェレスト 神々の山嶺』の2作品が10月25日(日)、都内で合同記者会見を行い、各スタッフと関係者が一堂に会した。

ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰・エベレストで繰り広げられた実話を基に映画化した『エベレスト3D』からは、バルダザール・コルマウクル監督と、唯一の日本人キャストとして実在の女性登山家を演じた女優・森尚子が出席した。

ネパールで過酷な高地ロケが敢行され、「クルーが高山病の症状や体調不良を訴えるなか、出演者自らが重い荷物を背負って現場に向かった。限界に挑む毎日でしたが、こうして皆が無事に戻ってこられたのが何よりうれしい」(コルマウクル監督)、「まつ毛も髪の毛も凍りましたね。監督は人間と自然の戦いにこだわっていて、私たちにも常にacting(演技)ではなく、reaction(反応)しろと言っていました」(森さん)とふり返った。

片や、岡田准一、阿部寛、尾野真千子という豪華キャストが出演する『エヴェレスト 神々の山嶺』からは、製作代表を手がける角川歴彦氏、平山秀幸監督、原作者の夢枕獏氏が出席し、同作を国際舞台でアピールした。

今年3月にネパールでのロケを行った直後、同地で震災が起こり、「映画化にはエベレストに匹敵する壁があったが、現地の皆さんに支えられた。来年3月の日本公開を前に、ネパールの皆さんにご覧いただく機会を作れれば」(角川氏)、「震災が起こったのがちょうど半年前。現地スタッフやコーディネーターの方々に支えられたおかげで、僕らも仕事できた」(平山監督)と感謝とエールを送り、マダン クマール バッタライ特命全権大使(在日本ネパール国大使)に義援金を手渡した。

また、夢枕氏は「何度も映像化のオファーがあったが、やはり現地ロケ抜きには成立せず、何度も頓挫した」と明かし、「今回は、皆さんの本気度が映画化を実現させた」と感慨しきり。「いまは感謝でいっぱいで、原作を書いて良かったという思い。一観客として完成が楽しみ」と期待を示した。

第28回東京国際映画祭は10月31日(土)まで、メイン会場となる六本木ヒルズをはじめ、TOHOシネマズ新宿などで開催。
『エベレスト3D』は11月6日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
『エヴェレスト 神々の山嶺』は2016年3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top