アデル、テイラー・スウィフトのビデオ再生回数記録を突破!

最新ニュース

アデル -(C) Getty Images
  • アデル -(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • アデル
  • アデル -(C) Getty Images
アデルの新曲「ハロー」のミュージックビデオがVEVOでテイラー・スウィフトの保持していた再生回数記録を突破した。

「ハロー」はリリースから24時間以内で2,770万回の再生回数を記録し、テイラーの「バッド・ブラッド」の2.010万回を超える快挙を成し遂げた。

この新曲の歌詞についてアデルは「特定のことについてではないの。大人になったいま、自分の過去についてちょっと興味があるのよ。もう子どもなんかじゃないでしょ。だから私の古い友人や昔の恋人たち、教わった先生たち、7歳か8歳の頃の私自身とか全員に対してハローって言っているの。それに私はかなり長い間姿を消していたから、ファンのみんなにもハローって言っているところがあるわね」と説明していた。

またこのミュージックビデオは、『Mommy/マミー』で知られる26歳の新鋭映画監督、グザヴィエ・ドラン監督が手掛けたことでも話題を呼んでいる。


4年間の活動休止を経て復帰を果たしたアデルだが、いまだにライブでパフォーマンスをすることは好きでないと明かしている。

「人前で歌うのは好きなんだけど、緊張を乗り越えられないから、ステージを降りるまでは思いっきり楽しめないの」と話すアデルはその緊張のせいで歌詞を忘れてしまうことあるそうで、そういうときにはアドリブで歌詞を作るのかという質問には「そうね、それかマイクを観客に向けて『あなたたちが歌って』って言うとか、一回ストップしてもう一回やり直していいか聞くとかね。それでギタリストに歌詞が何かって聞くの」と答えた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top