『妖怪ウォッチ』週末観客動員数堂々No.1!大作抑えての偉業は妖怪の仕業!?

映画

『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』 - (C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015
  • 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』 - (C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015
  • 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』ポスタービジュアル - (C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015
ゲスト声優に長澤まさみ、武田鉄矢、堀ちえみ、博多華丸・大吉ら豪華俳優陣を迎え公開された大人気アニメの映画第2弾『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』。12月19日より公開された本作が、邦画&洋画の大作ひしめく先週末の観客動員数ランキングで堂々“No.1(ニャンバーワン)”を獲得したことが分かった。

レベルファイブが企画・原作を行い、ゲーム、アニメ、漫画、玩具…とクロスメディア展開され、子どもから大人まで魅了している「妖怪ウォッチ」。昨年公開された映画は、興行収入78億円と日本映画史に残る数々の記録を叩き出し超大ヒット! その勢いは今年も止むことなく、劇場版第2弾となる本作の劇場前売券販売枚数は、脅威の2年連続100万枚を突破。さらに今年のNHK紅白歌合戦では「アニメ紅白」白組司会に妖怪・ウィスパーが抜擢されるなど、“これも全部妖怪たちの仕業!?”と思える早さで国民的アニメに成長している。

12月19日より公開が始まった本作だが、初日から2日目は、ほとんどが家族連れでの来場。小学校低学年が来場者の約3割を占め、彼らが父親、母親、祖父、祖母らとともに劇場へ足を運んだようだ。劇場では妖怪について自慢げに話す姿や妖怪メダルについて熱く話す姿も見受けられ、映画本編の内容についても満足度94.3%と非常に高い数値を記録。結果、19日20日の2日間で、観客動員数は974,557人、興行収入は1,057,808,800円に達した。特に観客動員数に関しては、邦画&洋画が多数公開された先週末の中でもランキング堂々の第1位! 「妖怪ウォッチ」旋風が、偉業を成し遂げたといえるだろう。

この現象は主要都市に留まらず、全国的に満席が続いているよう。これから始まる冬休みに、ゲーム&アニメファンの子どもから、一緒にお越しになる家族まで、ファミリー層が続々と来場する見通しで、さらなる興行の盛り上がりに大きな期待が集まる。

『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top