台湾初!コートヤードブランド「コートヤード・バイ・マリオット台北」オープン

最新ニュース

コートヤード・バイ・マリオット台北
  • コートヤード・バイ・マリオット台北
  • コートヤード・バイ・マリオット台北
マリオットは、昨年12月5日、台湾の中心部南港区に初のコートヤードブランドとなる「コートヤード・バイ・マリオット台北」をオープンした。

全465室、LeofooTourismGroupの運営により、アジア太平洋地区で37軒目のコートヤードブランドとなる。世界に40カ国以上、1,000軒以上を展開ており、今回のコートヤード・バイ・マリオット台北オープンは、さらなる成長を加速するものだ。

コートヤード・バイ・マリオット台北は、台北メトロ、そして台湾高速鉄道、台湾鉄道の起点となる南港駅にあるシティリンク・ショッピングモールの7~30階に位置している。
台北松山空港からわずか15分、台湾桃園国際空港からも45分というアクセスの良さに加え、南港展覧館、南港テクノロジーパーク、南港ソフトウェアパーク、南港バイオテクノロジーセンター、内湖テクノロジーパーク、そしてランドマークである台北101にも近く、レジャーにもビジネスにも絶好のロケーションと言える。

モダンで洗練されたコートヤード・バイ・マリオット台北は、6つの異なるタイプ/サイズの客室を用意しており、すべての客室から素晴らしい眺望を楽しむことができる。ゲストはさらに、フィットネスセンターでリフレッシュすることもできる。
南港地区で最初の国際ホテルブランドとして、コートヤード・バイ・マリオット台北は様々なビジネス、ソーシャルイベントに最適な場所となり、500m2のボールルームは、最多で8つまで区切ることができ、イベントにあわせた様々な使い方が可能だ。

館内にはシックなコンテンポラリーレストラン“Sunrise"、広東料理レストラン“Moonlight"、そして季節に合わせたお茶、スピリッツ、ワイン、カクテルやフィンガーフードが楽しめる“TheLounge"の3つの飲食施設を備えている。

台湾初のコートヤードブランド『コートヤード・バイ・マリオット台北』オープン

《グルヤク編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top