小栗“信長”、V2達成!今年最速で興収20億円突破『信長協奏曲』

映画

『信長協奏曲』-(C)石井あゆみ/小学館 -(C)2016「信長協奏曲」製作委員会
  • 『信長協奏曲』-(C)石井あゆみ/小学館 -(C)2016「信長協奏曲」製作委員会
  • 『信長協奏曲』-(C)石井あゆみ/小学館 -(C)2016「信長協奏曲」製作委員会
  • 『信長協奏曲』-(C)石井あゆみ/小学館 -(C)2016「信長協奏曲」製作委員会
  • 小栗旬/『信長協奏曲』-(C)石井あゆみ/小学館 -(C)2016「信長協奏曲」製作委員会
  • -(C)石井あゆみ/小学館 -(C)2016「信長協奏曲」製作委員会
小栗旬、柴咲コウ、山田孝之、向井理ら豪華俳優陣を迎え、1月23日より全国325スクリーンで公開初日を迎えた映画『信長協奏曲』。この度、2月3日までの12日間で、2016年公開作品としては最速で興行収入20億円を突破したことが分かった。

原作は小学館「ゲッサン」にて人気連載中の石井あゆみによる同名コミック。歴史大キライで、いつも逃げ腰の高校生・サブローが、ひょんなことから戦国時代へタイムスリップしてしまい、そこで出会ったサブローと瓜二つの織田信長に「自分の代わりに信長として生きてくれ」と頼まれてしまう…。裏切り、暗殺、陰謀が渦巻く中、その困難をくぐり抜け家臣たちの信頼を勝ち取り、天下統一を目指すサブロー。

安土城の完成と天下統一を目前にしたサブローは、ふと手にした教科書で織田信長は間もなく死ぬ運命にあることを知る。その運命に戸惑い、苦悩するサブローだったが、帰蝶や家臣たちの力強い支えのもと、運命に抗い、この時代で生き抜くことを誓うのだった。そして、愛する帰蝶との結婚式を計画するサブロー。場所は京都・本能寺―。時を同じくしてサブローの周りでは不穏な企てが水面下で動き出していた。周囲から愛されるサブローに嫉妬心を抱く光秀。積年の恨みを持ち、信長暗殺の機を伺う秀吉。果たしてサブローは織田信長の歴史を変え、彼の望む平和な国を築くことができるのか!? 1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは――!?

2014年、フジテレビ開局55周年記念プロジェクトとして、“月9”史上初の時代劇が話題を集め、最高視聴率15.8%を記録した連続ドラマ「信長協奏曲」。ドラマ放送に先駆けTVアニメ版が放送されていたが、本作の映画化にあたっても、原作&アニメの根強い『信長協奏曲』ファンからの支持を受け、公開週の週末興行収入・観客動員数ともに第1位を獲得。公開8日間で観客動員数100万人を突破するスマッシュヒットを飾っていた。

そして、公開2週目も土日興収が前週比98.1%と好調ぶりをみせ、V2を達成。結果、2月3日までの12日間で観客動員数は1、567、182人、興行収入は2,013,043,400円を記録した。この数値は、2016年公開作品としては最速! 物語のサブロー同様、天下統一を目指すに相応しい快進撃をみせている。

『信長協奏曲』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top