桐谷健太、バースデーケーキ登場のサプライズに動じず「台本にあった」

最新ニュース

桐谷健太/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 桐谷健太/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 音月桂、石橋凌、椎名桔平、桐谷健太、緒川たまき/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 椎名桔平、桐谷健太/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 椎名桔平/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 緒川たまき/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 石橋凌/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 椎名桔平、桐谷健太/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
  • 音月桂/「連続ドラマW メガバンク最終決戦」第1話完成試写会
WOWOW「連続ドラマW メガバンク最終決戦」の第1話完成試写会が4日(木)都内で行われ、主演の椎名桔平、共演の桐谷健太、緒川たまき、音月桂、石橋凌が出席。この日36回目の誕生日を迎えた桐谷さんにサプライズでバースデーケーキが用意されるも、意外な結末が待っていた。

会見終了後にバースデーソングが鳴り響き、ドラマにちなんだ“お札型の特大バースデーケーキ”がサプライズで登場。石橋さんも「ハッピーバースデー、健太」と渋い歌声で祝福し、客席からもクラッカーが一斉に鳴らされた。驚き顔でケーキを見つめる桐谷さんだったが実は「台本を読んだ時に“サプライズケーキ”と書いてあった。“まさか俺か?”とは思っていた」とネタバレを正直に告白。それでも「ただクラッカーは知りませんでした」と客席からの粋な計らいだけは大成功だった。

「銭の戦争」シリーズなどの著者で、5千億円もの日本株を運用する伝説のファンドマネージャー・波多野聖氏による小説を連続ドラマ化。巨大な負債を抱えたメガバンクを立て直すべく、買収合戦と社内の陰謀に立ち向かうスーパー銀行マン(椎名さん)と、気転が効き柔和な雰囲気を持つ総務部員(桐谷さん)の活躍を描く。

東西帝都EFG銀行専務でディーラーでもある桂光義役の椎名さんは「ノンフィクションに近いようなドラマで、我々が知る由もないメガバンクという巨大な銀行の裏側をエンターテインメントとして知ることが出来る。力強く、スペクタクルがあり、スケールの大きな作品」とアピール。連続ドラマW初主演となったが「WOWOWは、クオリティの高い作品が作られてきたし、難しい題材に果敢にチャレンジしてドラマ化している印象があった。機会があったら是非飛び込みたいと思っていた矢先にお話を頂いたので、思い切ってやろうと挑んだ」と念願の抜擢を喜んだ。

一方「勝負時の願掛け」の話になると、桐谷さんは「しっかり食べる。白米もガッツリ喰うみたいな感じ」と桐谷ルーティンを紹介し、さらに「飛ぶ。いざ行くぞ! という時は」と返答。それに対して椎名さんが「え? 飛びます、飛びます、ってやつ?」といじると、桐谷さんは「それはコント55号でしょ!」と夫婦漫才のような掛け合いを見せていた。

WOWOW「連続ドラマW メガバンク最終決戦」は、2月14日(日)22:00スタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top