リリー・ローズ・デップ、セクシャリティに持論「分類する必要がない」

最新ニュース

リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
  • リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
  • リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
  • リリー・ローズ・デップ-(C)Getty Images
リリー・ローズ・デップはなぜ自分のセクシャリティに話題が集まるか分からないようだ。事の発端は昨年8月。リリーは「自分のことを100%異性愛者だとはみなしていない1万人」の写真を撮り、LGBTQIを支援するプロジェクトに参加。結果として世間に「カミングアウトした」と思われている。それについて「NYLON」で否定した。

ジョニー・デップと元パートナーであるヴァネッサ・パラディとの間に生まれたリリー。16歳にして、「シャネル(CHANEL)」の「パール アイウェア コレクション」のアンバサダーに起用されるほか、昨年公開された『Mr.タスク』ではジョニーと親子共演を果たし話題となった。今回リリーは、LGBTQIの10代の男女を支援する「Self Evident Project」のキャンペーンでモデルを務めていた。

「完全に、誤解されてるわ。私がなぜあのプロジェクトに参加したかというと、『自分自身をゲイだとかストレートだとかに分類する必要がない』ってことを言いたかったのよ」「だっていま何かを好きだとしても、いつかは違うものを好きになったりする。セクシャリティも変更ができないものではないと思う。好きなものって流動的でその時々で変わるものでしょう。あえて自分がどんなセクシャリティなのかに当てはめて『これが本当の私』なんて言うのは、子どもたちにとってもプレッシャーが大きいことだと思うの」。

「私の取った行動がなんだか間違った方向に進んで行っちゃったみたいで、みんなに『ゲイなんでしょ?』って言われているんだけど、全然意図したことと違うのよね。あ、だからと言ってゲイが悪いって言ってるわけじゃないのよ」8月当時はリリーの「カミングアウト」は「勇気があってえらい!」と称賛まで浴びたのだが、本人は全くカミングアウトをしたつもりはなかったらしい。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top