多部未華子、コメディエンヌぶり開花!『あやしい彼女』予告編&主題歌解禁

映画

『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』主題歌を担当する「anderlust」  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
  • 『あやしい彼女』  (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014 CJ E&M CORPORATION
コメディ映画の名手・水田伸生監督が、若手実力派女優・多部未華子を主演に迎え、見た目は20歳、中身は73歳という“超絶あやしい”ヒロインを主人公に描く『あやしい彼女』。このたび、多部さんがそのコメディエンヌぶりと美声を披露する魅惑の予告映像が解禁、さらに小林武史プロデュースによるユニット「anderlust」が主題歌を担当することが明らかとなった。

可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!

早くに夫を亡くし、女手一つで娘を育て…望むような人生を送ることができなかった彼女は、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったのだった。“こうなったら、とことん好きなように生きてやる!”と、家族も名前も捨て去って、歌に恋にと二度目の20歳を満喫していくが…。

『ピース オブ ケイク』で本気の恋に悶絶するヒロインを軽ろやかに演じた姿も記憶に新しい多部さんは、数々の映像作品、舞台への出演を重ねる実力派にして、老若男女問わず愛される、いま最も輝く女優のひとり。このたび解禁された予告映像では、そんな多部さんがキュートな笑顔、驚き、照れ顔、涙、白目姿まで披露し、コメディエンヌとしての実力をいかんなく発揮、新たな一面を目にすることができる。


さらに本作では、初めて本格的な歌唱にも挑戦! 「見上げてごらん夜の星を」「悲しくてやりきれない」など、音楽プロデューサー・小林武史によってアレンジされた往年のヒット曲を歌い上げ、今回の映像にも多部さんによる「真っ赤な太陽」が使用されている。

そして、映像の後半に流れる印象的な主題歌は、小林さんがプロデュースし、3月30日(水)にデビューを控えた期待の大型新人「anderlust」の「帰り道」。シンガーソングライター・越野アンナとベーシスト・西塚真吾が結成したユニットが生み出す楽曲に、水田監督も「小林武史さんと一緒に作ったという、書き下ろしデモを聴いて、楽曲の圧倒的な魅力、アンナの透明で伸びやかな歌声に即決しました」と太鼓判を押している。また、越野さんは水野監督のアイディアにより、本作へ出演者としても参加しているという。

“超絶あやしい”ヒロインを演じる多部さんをはじめ、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美など、個性豊かで多彩なキャストが勢ぞろいする本作。「笑い×歌」で贈るキュートなコメディ映画を、まずはこちらの映像からご覧あれ。

『あやしい彼女』は4月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top