小松菜奈は“ドS”中島健人派?“白王子”千葉雄大の敗北理由は「優しすぎる」

最新ニュース

千葉雄大&千葉雄大/『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶
  • 千葉雄大&千葉雄大/『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶
  • 千葉雄大/『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶
  • 小松菜奈/『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶
映像化困難と言われたドキドキなシーン満載のエロキュンラブストーリー漫画を実写化した映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』。本作の舞台挨拶が2月11日(木・祝)、大阪・TOHOシネマズ梅田にて開催され、主演の「SexyZone」中島健人をはじめ、小松菜奈、千葉雄大らが登壇。大阪デートやバレンタインデーにちなんだトークが繰り広げられ、会場の女子中高生が熱狂した。

冴えない自分からの転校デビューを目指して1か月、赤羽由宇は高校で寮生活を送りながら初めての友だちができたり、女子生徒の憧れ「白王子」こと白河タクミと人生初のデートをしたり…。だけど、最悪の出会いで、「絶対服従」を言い渡されてしまった副寮長の“黒悪魔”こと黒崎晴人のドSな無理難題に翻弄される毎日。壁ドン、顎クイ、さらには“台風で停電中に…”“遊園地の観覧車で…”黒崎くんは「躾だ」と超ドSに迫ってくる。由宇は、タクミの積極的なアプローチに揺れ動きながらも、黒崎くんにドキドキさせられっぱなし。そして次第に黒崎くんのことが頭から離れず…。

映画主演3作目にして初のラブストーリーに挑む中島さんが悪魔級ドS男子の主人公を演じた本作。中島さんは、「自分が生きてきたなかでドSという言葉はいちばん似合わないと思っていたんですが、撮影をしてみて、ドSっていいなあと思っちゃいました(笑)」と役作りをふり返る。一方千葉さんは「“国民的彼氏”とか“白王子”とか、すごい肩書をいただいちゃったので、プレッシャーみたいなところもありつつ…(キメ顔で)まぁ、でもそういうところは僕にもなきにしもあらずなので(笑)。って、なんか、こんなあることないことを話し過ぎて、最近、自分がどういうキャラか見失ってきちゃいました」と告白。小松さんはドタバタキャラは初めてだったそうで「どうすればいいんだろう、と正直迷うところもたくさんありました。(黒崎くん・白河くん)2人のキャラが濃いので負けずにがんばろうとやらせていただきました」とコメントした。

そんな小松さんは、「ドSの黒か、白王子の白か、どちらかと言われたらどちらを選びますか?」と聞かれると、「うーん…発表します! “黒”(黒崎くん)です。本当に分かりやすいというか、ちっちゃい頃の男の子って、この女の子のことがすごい好きなんだろうなって(見て)分かるぐらいいじめたりしますよね。それがまさに黒崎くんだなっと思っていて、それが逆に可愛いなって思います」と中島さん演じる黒崎くんに軍配が上がった。「白はですね…優し過ぎて、何考えているんだろう、と思うような笑みをたまに浮かべるんです。そこが怪しくて、信じていいのかな、と思ってしまいます(笑)」と説明すると、千葉さんは「いいたいことはたくさんあるんですけど、これは役の話ですからね、千葉雄大としては負けていないと思います(笑)」と、対抗し会場を沸かせた。

また、バレンタインデーを今週末に控え、それぞれがバレンタインデーの思い出を披露。中でも、中島さんは「小学校4年生の頃に、ドSな女の子からのチョコのプレゼントがあって。普段は授業中とか僕のことをたたいてくる女の子で、問題がちょっとわからないだけで、『そんなのもわからないんだ、バカじゃないの』とか言われるので、めっちゃ嫌い、と思っていたんですけど、それがバレンタインの当日になって、急に女の子2人を引き連れてきて、3人できたんですよ。あきらかにいままでとちがう、その日だけ優しい表情で。『どうしたの?』って聞いたら、『見たらわかるでしょ』といわれて、『わかんねぇよ』と言ったら、『わかれ!』って言われました。それがすごく印象的なドSチョコのプレゼントでしたね」とエピソードを明かした。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』は2月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top