リアーナ、グラミー賞パフォーマンスを体調不良で急きょ中止

最新ニュース

リアーナ-(C)Getty Images
  • リアーナ-(C)Getty Images
  • リアーナ
  • リアーナ-(C)Getty Images
リアーナが予定されていた第58回グラミー賞でのパフォーマンスを気管支炎のため急きょキャンセルした。

15日(現地時間)にロサンゼルスで開催された同音楽界最高峰の祭典で、ニューアルバム「アンチ」からの新曲「キス・イット・ベター」をステージで披露する予定だったが、医師の判断に従って出演を断念せざるを得なくなったようだ。

この決定に伴いリアーナは、ツイッターで「出演できなくて、本当にごめんなさい...グラミー賞とCBS、あなたたちの今夜のサポートに感謝します」と謝罪した。

深刻な肺感染症の治療中であるというリアーナは、声帯に回復不可能な影響を及ぼすおそれがあるためにパフォーマンスの中止を医師から言い渡されたものの、式典のリハーサルには参加して2曲も歌うなど最後まで参加を試みてはいたが、式典開始の直前になってパフォーマンスの中止と式典自体への欠席を決めたという。

リアーナの代理人は後に、声帯出血のおそれがあったために48時間声帯を休める必要があったと「Billboard」誌に認めている。

今年のグラミー賞で出演を断念したのはリアーナにとどまらず、ザ・ウィークエンドと共演する予定だったローリン・ヒルも会場に姿を現すことはなく、運営側がローリンに確実な出演への承認を得ていない時点で早々にローリンのパフォーマンス告知を打っていたとローリンの代理人が説明した。「グラミー賞はローリン・ヒル氏によるパフォーマンスを、承認が無い時点で早々に発表してしまいました。ヒル氏は週末に公演をしており、準備する時間がなく、また、授賞式のリハーサルに間に合うかどうかも分からない状況だったのです」。

さらには、今年のグラミー賞ではパフォーマンスに関するトラブルが続き、ジャスティン・ビーバーとアデルのステージでは技術的な不具合が出ていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top