阿部寛、岡田准一からの熱い誘いを渋る「返事待って」『エヴェレスト』

最新ニュース

「V6」岡田准一を主演に阿部寛、尾野真千子ら豪華俳優陣で、夢枕獏の世界的大ベストセラーを完全映画化する『エヴェレスト 神々の山嶺』。2月18日(木)、岡田さんの地元でもある大阪・TOHOシネマズ梅田にて本作の舞台挨拶が開催。岡田さんと阿部さんに加え平山秀幸監督も登壇し、応募数7,000人の中から10倍の倍率を勝ち抜いて本イベントに集まった観客に本作をアピールした。

山岳カメラマンの深町は、ネパールの首都・カトマンドゥで古いカメラを発見する。それは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーは1924年にエヴェレスト初登頂に成功したのかという、登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの行方を追う深町は、一人の男に辿り着く。孤高の天才クライマー、羽生。突然日本から姿を消して消息不明だった彼が、なぜカトマンドゥにいるのか…。羽生の目的に興味を持ち、その過去を調べるうち、深町は彼の生き様にのみ込まれていく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも、彼を愛し続ける女性・涼子と出会う…。

この日、舞台挨拶に登壇した岡田さんは「地元なのでみなさんにこうやってご挨拶できるのが、嬉しいで『おま!』(会場笑)すみません、関西だとつい『おま!』が出てしまう癖が…」と地元ならでは挨拶で早速会場を沸かせ、「本当に熱い、熱い、何かに挑戦する男たちの映画が完成しました。実際にエヴェレストに登って撮影してきましたので、うそのない男たちの人間模様が描かれていると思います」と、本作についてもしっかりアピールした。

阿部さんは「岡田君と一緒に仕事するのは初めてだったんですが、エヴェレストに1か月近く一緒にいて非常に彼の人となりを見ながら、彼の背中を見て山を登ってきました」と、岡田さんとの初共演について言及。また、プライベートでも岡田さんから登山のお誘いがあったようで「岡田君は撮影が終わってから、自分のチームを作って日本の山へ色々行ってるらしいんです。さっき直前で6,000m行きませんかと言われたんですが、『ちょっと返事待って下さい』と言いました」と、渋っている様子。さらに岡田さんの「最短で2週間で行けるので、2週間頂ければ」という猛プッシュに、阿部さんはたじたじだったようだ。

最後に、平山監督は「エヴェレストで撮影を終えて、日本に帰ってきたときにネパールの大地震がありました。ネパールの撮影でこの映画に協力してくれたたくさんの方が罹災されたり、被害に遭ったり。この映画に携わった色んな人の想いがみなさんに伝われば嬉しいです」と話し、過酷ながらも現地で撮影を行った本作ならではの現地への思いを述懐。岡田さんは、「関西は地元なので是非ひいきにして頂いて、大阪からこの映画を熱く広めてほしいで『おま!』」と、最後まで地元愛溢れる舞台挨拶となった。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top