これで【R15+】!? “殺人鬼”森田剛主演『ヒメアノ~ル』平凡な日常カット公開

映画

『ヒメアノ~ル』 - (C) 「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』 - (C) 「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』 - (C) 「ヒメアノ~ル」製作委員会
「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実による衝撃の問題作を森田剛が映画初主演務め実写化する『ヒメアノ~ル』。このほど、その衝撃的な描写から【R15+】指定となった本作の場面写真が解禁となった。

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ…。

世の不条理、屈折した感情、恋愛、友情、ポップなギャグなど、古谷作品が持つ独特な要素を含みながら、過激な内容がファンのあいだで物議を醸し、実写化不可能ともいわれた問題作であり伝説的コミックに完全映画化した本作。恋の悩みや将来への不安を抱えた、若者のありふれた日常をコミカルに描いた前半から一転、後半は無機質な連続殺人事件が日常へ浸食するサスペンスに突入する、日常と狂気が交錯する、目が離せない緊迫の展開となっている。

人間をターゲット(餌)としか思わない狂気の連続殺人鬼・森田を演じるのは、蜷川幸雄、宮本亜門など、錚々たる演出家の舞台作品で座長を務め、絶賛されてきた森田さん。本日2月20日に37歳の誕生日を迎える森田さんが、観る者を圧倒させる役どころに挑戦している。また、森田との再会によって事件に巻き込まれる岡田役には濱田岳、森田の新たな標的となるユカ役には『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『グラスホッパー』の佐津川愛美、コメディリリーフとなる安藤役に『幕が上がる』のムロツヨシと、演技派俳優陣が集結している。

今回解禁された場面写真は、岡田と安藤との友情(?)カットと、岡田とユカのラブラブな日常カット。どちらもどこにでもあるようなほのぼのとした日常が映し出された写真だ。しかし、そんな日常は突然に終わりを告げる…。場面写真からは想像もつかない“狂気”が、本編ではどう展開されていくのか、ますます本編が気になる。

『ヒメアノ~ル』は5月28日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top