森田剛、殺人鬼役から一転、次作では壁ドン連発をオファーされ苦笑い

最新ニュース

吉田恵輔監督、濱田岳『ヒメアノ~ル』舞台挨拶
  • 吉田恵輔監督、濱田岳『ヒメアノ~ル』舞台挨拶
  • 濱田岳『ヒメアノ~ル』舞台挨拶
  • 吉田恵輔監督『ヒメアノ~ル』舞台挨拶
  • 濱田岳『ヒメアノ~ル』舞台挨拶
  • 濱田岳『ヒメアノ~ル』舞台挨拶
森田剛と濱田岳が6月11日(土)、公開中の映画『ヒメアノ~ル』をシークレットで観客と一緒に鑑賞した。上映後にサプライズで客席から登場し、舞台挨拶を行なった。

「行け!稲中卓球部」の人気漫画家・古谷実の問題作の実写化で、森田さんにとって映画初主演作となる本作。平凡に暮らしてきたはずの人々が、連続殺人鬼の森田との出会いの中で事件に巻き込まれていく様を狂気とともに描き出す。

森田さんらが上映後に舞台挨拶をすることは事前に発表されていたが、一緒に映画を鑑賞するのは完全サプライズ! 司会者の口からその事実が明かされ、中央のプレミアムシートにスポットライトが当たり、森田さんらの姿が見えると会場は歓声に包まれた。

森田さんは、ウディネ国際映画祭でも現地の観客と本作を鑑賞したが、この日、日本の観客と一緒に映画を見て「みなさん、集中して見ているのが伝わってきました」と手応えを口にする。濱田さんは「森田さんの狂気、ムロさんの変態ぶり、そして僕のもち肌はいかがだったでしょうか?」と客席に問いかけ、会場は爆笑。

この日は、観客の質問に登壇陣が答えたが、森田さんとまた一緒に映画を撮るなら? という質問に吉田恵輔監督は「森田くんが嫌がりそうな、壁ドンをバーンっとやるようなやつがやりたい! 森田くんがゾッとするような、寒いプロポーズのセリフ書くよ!」とノリノリ。客席からは期待を込めた拍手が起こるも、森田さんは「いじめですね(苦笑)。壁ドンは…どうなんだろ。できないなぁ…」と渋い顔を見せた。

また、森田さんは吉田監督の印象的な言葉として現場で監督がずっと「俺、ノッてる!」と連呼していたと証言。「ノッてるのか。なら付いて行こうと思った」と明かすが、一方、濱田さんは「僕とムロくんの撮影の時、監督は現場にいなかった」と苦情申し立て。だが、吉田監督は悪びれることなく「音ゲー(音楽ゲーム)やってたね。『(撮影)やっといて!』って」とあっけらかんと語り、「オンとオフの切り替えが大事!」と持論を展開し、これには森田さんも濱田さんもあきれ顔だった。

『ヒメアノ~ル』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top