ホワイトハウスを守った男たちが再集結!『エンド・オブ・キングダム』公開決定

映画

2013年に公開され、完全無欠のはずの“ホワイトハウス”が陥落するという斬新な設定と、迫力あるアクションで全世界で大ヒットとなった『エンド・オブ・ホワイトハウス』。このほど、ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマンという“渋メン”実力派キャストが再集結した、その続編『エンド・オブ・キングダム』(原題『London Has Fallen』)の日本公開が決定。ポスタービジュアルも解禁となった。

ホワイトハウス陥落の悪夢から2年――。英国の首相が不可解な死を遂げた。首都ロンドンで行われる葬儀は、各国首脳が大集結する式典となるため、街は史上最大の超厳戒態勢下に置かれる。だが、その中で同時多発テロが勃発。数々の歴史的建造物が崩壊し、犠牲者が出続ける中、命からがら逃げ出した米国大統領(アーロン・エッカート)とシークレットサービス(ジェラルド・バトラー)が、その危機に立ち向かう…。

今回は、舞台をホワイトハウスから英国・ロンドンに移し、まさに“いまそこにある危機”といえる“現代最大の敵” =テロリズムとの壮絶な闘いを描き出す本作。

米大統領のシークレットサービス、マイク・バニングにはジェラルド、 アメリカ大統領ベンジャミン・アッシャーにはアーロン、副大統領アラン・トランブルにモーガンと、前作に引き続きハリウッドを代表する豪華キャストが再集結。さらにアンジェラ・バセット、メリッサ・レオなども続投し、トム・ハーディの伴侶で『白鯨との闘い』のシャーロット・ライリー、『ロボコップ』『エルム街の悪夢』などのジャッキー・アール・ヘイリーら新たな実力派キャストも加え、万全の布陣が整った。

解禁となったポスタービジュアルには、史上最大規模のテロ攻撃を受け、崩れ落ち燃え上がる“王国”の街並、そして世界の命運を託された男たちの静謐ながら熱い眼差しが映し出されている。

メガホンを取るのは、イラン・テヘラン生まれ、スウェーデン育ちの新進クリエイター、ババク・ナジャフィ。今度の標的は“世界”となるだけに、さらにスケールアップした闘いが幕を開けることになりそうだ。

『エンド・オブ・キングダム』は5月28日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top