台湾の巨匠・侯孝賢の名作が蘇る!『冬冬の夏休み』ほかデジタル・リマスター版公開へ

韓流・華流

『冬冬の夏休み』(C)A MARBLE ROAD PRODUCTION, 1984 Taiwan
  • 『冬冬の夏休み』(C)A MARBLE ROAD PRODUCTION, 1984 Taiwan
  • 『冬冬の夏休み』(C)A MARBLE ROAD PRODUCTION, 1984 Taiwan
  • 『冬冬の夏休み』(C)A MARBLE ROAD PRODUCTION, 1984 Taiwan
日本から妻夫木聡と忽那汐里が参加した『黒衣の刺客』が第68回カンヌ国際映画祭「監督賞」を受賞、また英国映画協会発行「Sight&Sound」誌で「2015年のベスト映画20」の第1位を獲得したことも記憶に新しい、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督。この台湾が生んだ巨匠による80年代の名作『冬冬の夏休み』(’84)、『恋恋風塵』(’87)がデジタル・リマスター版となって、5月21日(土)より渋谷ユーロスペースにて2週間限定で公開、その後、全国順次公開されることが明らかとなった。

『冬冬の夏休み』は、母が入院したことで祖父の住む田舎でひと夏を過ごすことになった幼い兄妹、トントン(冬冬)とティンティンを通じ、自然の美しさとともに“夏休み”のどこか甘酸っぱい子どもたちの友情を描く。祖父はとても厳格だったが、トントンは田舎の子どもたちとすぐに仲良くなり、毎日思う存分遊んで過ごす。しかし、ティンティンはなかなか仲間に加えてもらえずにいた。やがて、母を看病していた父が2人を迎えにきて…。

フランスのナント三大陸映画祭において、前年の『風櫃の少年』に続いて「最優秀作品賞」を2年連続受賞し、アジア太平洋映画祭では「最優秀監督賞」に輝いた本作は、夏の田園風景の中で繰り広げられる懐かしさと優しさにあふれた日々と、子どもたちの無邪気な愛くるしさが描き出され、みずみずしい詩情に満ちている。

また、『恋恋風塵』は、鉱山の村で幼い頃から兄妹のように育った少年・ワンと少女・ホンの淡い恋と別れを描いた青春ドラマ。台北に出た2人は、夏の里帰りを楽しみにしながら、深く心で結ばれていた。やがて、2人がお互いへの思いを意識し始めたころ、ワンのところに兵役の知らせが届く。ホンはワンに毎日手紙を書き続けることを約束し、ワンにも自分の宛名を書いた1,000通の封筒を託すが…。

かつての日本にも似た、古き良き原風景の台湾を背景に、抑制のきいた映像で語りかける哀切の青春ラブストーリーもまた、国境を越え、多くのファンに愛される作品となった。この2作はいずれも、『風櫃の少年』『童年往事 時の流れ』(’85)とともに、ホウ監督の自伝的体験をもとに描き出された4部作の一部とされている。

共に世界初のDCP上映となり、特に『冬冬の夏休み』は台湾の倉庫に眠っていたままだったネガプリントを、日本の配給会社である熱帯美術館主導のもと、数々の実績を誇るデジタル化のエキスパートである東京光音にて修復を実施。世界に先駆けて、日本からデジタル・リマスター版の上映が実現した。

30年余りを経て、ホウ監督が描き出した小さな日常の中に見えてくる時代や社会背景、そして民族的情感が、ノスタルジーを感じさせる風景とともに色鮮やかに蘇るこの2作。日本公開後は、日台協力のもとリマスター版の海外セールスが予定されている。

『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』は5月21日(土)より渋谷ユーロスペースにて2週間限定公開、全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top