「メゾン キツネ」、ホテルオークラ東京をオマージュした新店をオープン

最新ニュース

メゾン キツネが代官山に新店をオープン
  • メゾン キツネが代官山に新店をオープン
  • メゾン キツネが代官山に新店をオープン
  • 1階ウィメンズフロア
  • 2階メンズフロア
  • 15着限定のブルゾン
メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)が2月20日、東京・代官山に国内で3つ目の拠点となる路面店(東京都渋谷区猿楽町20-14)をオープンさせた。

メゾン キツネのクリエイティブ ディレクター、黒木理也自ら設計、内装まで全てにおいて監修を行った同店は、黒木が来日の際によく利用していたという、2015年8月、建て替えのために多くの人に惜しまれながら閉館したホテルオークラ東京をオマージュしたデザインとなっている。

暖簾を設えた店構えから和の心意気を感じさせる店内では、1階でウィメンズ、2階でメンズのアイテムを展開。明るく開放感のある白木の内装、格子柄のフローリング、そして障子窓、襖扉の試着室や外の竹庭など、随所を“日本らしさ”にこだわった設計、デザインが特徴的だ。

店内の什器は、漆塗りテーブルなどオリジナルのものから、アンティーク好きの黒木が海外で見つけたチェアや、箪笥を同店のためにアレンジしたものなどがゆったりと空間を保ちながら設置されている。店前に敷き詰められた砂利ひとつにしても黒木自身が仕入れたという、メゾン キツネの美学が詰まった一軒が誕生した。

同店ではオープンを記念し、15着限定のブルゾンを始めとしたカプセルコレクションも販売中。

メゾン キツネ、ホテルオークラ東京をオマージュした新店を代官山にオープン

《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top