【予告編】ソン・ガンホ×ユ・アイン、朝鮮王朝最大の悲劇を映画化!『王の運命-歴史を変えた八日間-』

韓流・華流

『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』 (C) 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
  • 『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』 (C) 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
  • 『王の運命ー歴史を変えた八日間ー』 (C) 2015 SHOWBOX AND TIGER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
『殺人の追憶』から『観相師』『スノーピアサー』などまで縦横無尽に活躍する国民的俳優ソン・ガンホと、『ベテラン』の大ヒットも記憶に新しい若手筆頭株ユ・アインで、痛ましいまでの父子関係を描く『王の運命-歴史を変えた八日間-』が、6月4日(土)より日本公開されることが決定。衝撃の史実にして、朝鮮王朝最大の悲劇ともいえる“米びつ事件”を描いたこの宮廷歴史大作から、待望の予告編がシネマカフェに到着した。

朝鮮第21代国王の英祖(ソン・ガンホ)は40才を過ぎてから生まれた息子・思悼(ユ・アイン)を、自分と同じく学問と礼法に秀でた世子(セジャ=王位継承者)に育てあげようとする。だが、父の望みとは裏腹に、思悼は芸術と武芸を好む自由奔放な青年へと成長。英祖が抱いていた息子への期待は怒りと失望へと転じ、思悼もまた、親子として接することのない王に憎悪にも似た思いを募らせていく。心のすれ違いを埋められぬまま、悪化の一途をたどった父子。ついに英祖は、謀反にかこつけて、我が子を米びつに幽閉しようとする。もはや誰にも止められぬ哀切と愛憎の8日間の行方は――。

本作は、王権争いが最も激化した時代を舞台に、朝鮮王朝最大の謎とも言われ、王が王位継承者である実の息子を米びつの中に幽閉して餓死させた、という衝撃の史実を基に映画化。王・英祖(ヨンジョ)と実の息子・思悼(サド)、そして思悼の子として朝鮮後期最高の聖君となるイ・サンこと第22代正祖(チョンジョ)の誕生まで、56年間にわたる実在の人々の心情を丁寧に紐解きながら、「イ・サン」「大王の道」「秘密の扉」など韓流時代劇ドラマでも度々描かれてきた、1762年の“米びつ事件(壬午士禍) ”に迫る。

このたび解禁された予告編は、韓国映画界を代表するソ・ガンホ演じる非情な王であり、父である英祖と、数々のドラマや映画で活躍中のユ・アインが演じる悲運の王子・思悼世子の痛ましいまでの対立の様子が描かれる。頑ななまでに息子を認めようとしない英祖と、父に認められようと叫びもがく思悼世子、目を背けたくなるほどに深い両者の溝がその後の悲劇をいやが応にも予感させている。また、思悼世子の息子・正祖として、映画『ある会社員』以来、3年ぶりにスクリーンに戻ってきたソ・ジソブの姿も確認することができる。


監督は、『王の男』『ソウォン 願い』の実力派監督イ・ジュニク。キャストにはソン・ガンホ、ユ・アインをはじめ、英祖の妻であり思悼世子の母・暎嬪をチョン・ヘジンほか、「清潭洞アリス」のムン・グニョンも出演。本国韓国では公開初日に26万人の観客を動員するという記録を打ち出し、青龍映画賞や韓国映画評論家協会賞作品賞など数多くの栄冠を獲得。そして、韓国映画記者協会主催の2015年度「今年の映画賞」で栄えある「作品賞」に選ばれ、ユ・アインが「主演男優賞」、チョン・ヘジンが「助演女優賞」を獲得。本年度アカデミー賞「外国語映画賞」の韓国代表作品としても選出された。

朝鮮王朝最大の父子の確執として記録され、家族である以前に王族であらねばならなかった男たちの苦悩、彼らを囲む女たちの生き方、明日の命も知れぬ権力争いなど、どこか現代にも通じる歴史を超越した緊迫のヒューマンドラマを、まずはこの映像からご覧あれ。

『王の運命-歴史を変えた八日間-』は6月4日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top