安藤サクラ主演『百円の恋』、日本アカデミー賞受賞を記念した凱旋上映が決定!

映画

『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
  • 『百円の恋』 - (C) 2014 東映ビデオ
3月4日(金)に発表された第39回日本アカデミー賞にて足立紳が最優秀脚本賞、安藤サクラが最優秀主演女優賞を受賞した『百円の恋』。このほど、本作の受賞を記念した凱旋上映がテアトル新宿で実施されることが決定した。

斎藤一子(安藤さん)は32歳にもなって、働きもせず実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた。ひょんなことから妹の二三子と大ゲンカになり、家を出ていくと見栄を切ったものの、あてもお金もない一子は、100円ショップの深夜労働を始めた。ある日、<青木ボクシングジム>でストイックに練習をする一人の中年ボクサー・狩野(新井浩文)が100円にショップに訪れる。

狩野から、「断られなさそうだから」という理由でデートに誘われた一子は、狩野の引退試合で初めてボクシングの試合を見る。強い羨望を抱いた一子は、悔しさと情けなさと怒りを、静かにぶつける様に、どんどんボクシングにのめり込んでいく。「百円程度の女」だった自分を奮い立たせるために。そこに見出したのは、仄かだが、確かな希望だった。

2014年12月20日にテアトル新宿での公開以降、第88回アカデミー賞外国語映画部門の日本出品作品への選出をはじめ、国内外数々の映画賞に輝き異例のロングランヒットを記録した本作。先日発表された第39回日本アカデミー賞にて作品賞、監督賞(武正晴)、脚本賞(足立氏)、主演女優賞(安藤さん)、助演男優賞(新井さん)の5部門を受賞し、その中から最優秀脚本賞と最優秀主演女優の二冠に輝いた。

公開から1年以上を経たこの快挙を祝し、テアトル新宿では3月26日(土)~4月8日(金)の期間、本作の凱旋上映が決定。2週間の上映期間中、武正監督、足立氏のほかスペシャルゲストを招いてのトークイベントや、観客が映画を見ながら応援する「応援上映」も予定されている。

短期間での過酷な肉体改造に挑んだ安藤さんに大きな注目が集まる本作。劇場で鑑賞できるこの機会をぜひお見逃しなく。

『百円の恋』は、3月26日(土)~4月8日(金)テアトル新宿にて上映。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top