【3時のおやつ】世界各国のガナッシュが集結! ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」

最新ニュース

ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」4月1日(金)~6月30日(木)の平日限定開催
  • ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」4月1日(金)~6月30日(木)の平日限定開催
  • ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」
  • ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」
  • ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」
  • ウェスティンホテル東京「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」
ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」にて4月1日(金)~6月30日(木)の平日限定で、「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」が開催される。

「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」は今回で3回目となる同ホテルの人気ブッフェ。世界各国から選りすぐったチョコレートを、エグゼクティブペストリーシェフの鈴木一夫が独自のアーティステッィックな世界観で美しきスイーツに仕立てる。

鈴木氏は今回のブッフェのテーマについて「今年はシンプルにチョコレートの味わいを楽しんでもらいたい。そのために、一番チョコレートを感じてもらえる“ナチュラルガナッシュ”を、毎月3種類ずつスタートさせます。3か月間で9種類を楽しめる“ナチュラルガナッシュ”は、世界各国15種類以上のチョコレートの中から選りすぐり、そのチョコレートと一番相性の良い素材をワンポイントあしらったグラススイーツです。本来のチョコレートの美味しさを保ちつつ、なめらやか口どけも実現しています」と語っている。

フランスからはカカオバリーにヴァローナ、ベルギーからはフリューベルにベルコラーデ、スイスからはカルマにリンツ、イタリアのイカムや、ベネズエラのエルレイ、コロンビアのカカカオなどなど、定番のチョコレートから個性豊かなチョコレートまで、食べ比べをしてみることでチョコレートの奥深さを楽しめる内容となっている。

ひと口にチョコレートと言っても、グラススイーツでさまざまにアレンジされれば、無限の広がりをみせる。フルーツの果実や果皮を丸ごと使ってガスパチョに仕立てたり、定番のザッハトルテにアプリコットソースをマリアージュさせたり、シェフの想いとペストリーチームの技術が光る。

「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」の開催時間は、15時~17時。料金は一人3,500円(税・サービス料別)。混雑が予想されるので予約はお早めに。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top