ダンカン・ジョーンズ監督の渾身作『ウォークラフト』7月公開決定!

映画

故デヴィット・ボウイの息子で、『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』で高評価を得たダンカン・ジョーンズが監督を務める、ギネス記録ゲームの映画化『ウォークラフト』。その日本公開日が7月1日(金)に決定、併せて本作に登場する各種族が集結した本ポスター・ビジュアルが解禁となった。

平和な王国アゼロスは、恐るべき種族の侵略者に直面し、戦争の瀬戸際にあった。その侵略者とは、滅びゆく故郷を捨て新たなる定住地を求めるオークの戦士たち。人間たちは自分たちの国を守るため立ち上がり、オークとの全面戦争を決意。一方で、この戦いに疑問を持つ1人のオークは、争いを避けるため、ある決断を下す。この壮絶な戦いの先に待つ結末とは…!?

『アバター』や『ロード・オブ・ザ・リング』が築き上げてきたファンタジー大作の歴史に、新たな名を刻むことになる本作。原案は、ブリザード・エンターテイメントが提供する世界的人気ゲーム。3部作の大ヒットを受け、新たに製作された大規模多人数同時参加型オンラインRPG「ワールド・オブ・ウォークラフト」は、2008年に登録者最多としてギネス世界記録を有している。

メガホンを取ったジョーンズ監督が、「これは『アバター』であると同時に『ロード・オブ・ザ・リング』のような物語でもある。とても、とても壮大な映画です」と語る通り、剣と魔法の世界“アゼロス”を舞台に、人間(ヒューマン)、オーク、ドワーフ、エルフなど、数多の種族が国や一族、そして愛する者を守るために生死をかけた戦いを繰り広げるスペクタル・ファンタジーを、圧倒的クオリティで描き出す。

今回解禁された本ポスター・ビジュアルは、そんな本作の壮大さを感じさせるもので、種族の存亡をかけた戦いを予感させるデザイン。不撓不屈の精神を持ち、慈悲深さを示す青色のヒューマン、そして高貴さと勇敢さを示す赤色のオークをイメージした二色に分かれ、ヒューマンの騎士ローサ―、オークの戦士デュロタンをはじめ、魔法使い、守護者、ハンマー使い、そして物語の鍵を握るヒューマンとオークの混血種などが勢揃いする。

果たして、コピーにもある「それは生きるための選択。」という言葉が表す意味とは? 壮絶な戦いを左右する彼らの選択に、引き続き注目していて。

『ウォークラフト』は7月1日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top