RADWIMPS、神木隆之介主演『君の名は。』音楽担当!「心を研ぎすまして全力で」

映画

左から新海誠監&「RADWIMPS」野田洋次郎、桑原彰、武田祐介
  • 左から新海誠監&「RADWIMPS」野田洋次郎、桑原彰、武田祐介
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 「RADWIMPS」アーティスト写真
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
主人公を神木隆之介、ヒロインを上白石萌音が演じることで話題の長編アニメーション『君の名は。』。この度、本作の音楽を、ボーカル・野田洋次郎の創り出す独特の歌詞と音楽性で多くのファンを魅了し続けるロックバンド「RADWIMPS」が担当することが決定。また公開日が8月26日(金)であることが分かった。

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢…」。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。彼らが体験した夢の秘密とは。出会うことのない2人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語がいま動き出す――。

『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』などを世に送り出し、“次世代の宮崎駿、ポスト細田守”と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の3年ぶりの最新作。夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語を声で演じるのは、『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』など声優経験豊富な神木さんと、『おおかみこどもの雨と雪』で声優を務め、オーディションで本作のヒロイン役を射止めた上白石さん。実力派若手俳優たちの名演と、美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”とが融合し、新たな名作が誕生する。

この度、本作の音楽をロックバンド「RADWIMPS」が担当することが決定。ボーカル楽曲に加え、20曲以上の劇中音楽全てを制作しており、「RADWIMPS」としても初めての試みとなっている。事の発端は2年前、曲を聴いた上で作りたいシーンがいくつかあるという新海監督からの要望を受けた「RADWIMPS」野田さんは、製作初期からデモ曲をやり取りし、プロット段階から作品作りに参加。新海監督は、劇中にボーカル楽曲を印象的に使う名手としても知られているが、本作でも大切な場面で「RADWIMPS」の書き下ろしたボーカル曲が複数使用。中でも新曲「前前前世」は本作の予告編でも使われ、美しい映像にアップテンポな楽曲が加わり、躍動感のある映像に仕上がった。現在、ネット上にて公開されている。


今回の試みについて「RADWIMPS」は「映画と、僕たちの音楽が掛け合わさることがあるとしたら。それは単純にオファーを受けて主題歌を作るという関係でないものでありたいと、漠然と思っていました。お互いの領域にオーバーラップし、響き合い、結びつき、共に冒険ができるようなものであったら、素敵だなぁと思っていました」と、念願であったことを告白。また「一昨年の冬に新海監督とお会いし、そのまっすぐな人柄とこの脚本に惹かれました。そしてこの1年間、僕たちはひと足先に『君の名は。』の世界にどっぷりと浸かることになりました。おそらくすべてのシーンの、すべての台詞がいまは言えると思います」と本作への思い入れも明かし、「最後まで心を研ぎすまして全力で取り組みたいと思います」とコメントを寄せた。

主人公を演じる神木さんは、予告編でも使用された新曲「前前前世」を聴いて「これまで感じたことのない衝撃を受け鳥肌が立ち、自分の中で『君の名は。』の世界観が更に鮮やかになりました。『RADWIMPS』さんの素敵な曲を聴きながら、これから始まる声録りに向けてさらに気合いが入りました」と、意気込みを新たにしたようだ。

『君の名は。』は8月26日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top